HOME > ギャラリー > ギャラリー一覧 > ギャラリー詳細

ギャラリー詳細

写真のある美術館・博物館・資料館-10 芦屋市立美術博物館

 

紅谷吉之助《無題》1930年(Printed in 1997)ゼラチンシルバー・プリント 当館蔵

1929(昭和4)年,芦屋で開かれた「ハナヤ勘兵衛」は当時の市内では唯一の写真材料店でした.やがて,写真愛好家たちの交流の場となり,1930(昭和5)年に「芦屋カメラクラブ」が結成されました.中山岩太,ハナヤ勘兵衛,高麗清治,紅谷吉之助らを中心に活動を展開した「芦屋カメラクラブ」は日本の近代写真の幕開けを告げる「新興写真運動」の先駆けとなりました.同クラブでは創設時より展覧会を開催しており,フォトグラム,フォトモンタージュのほか,多重露光や,クローズアップなども多用した,シュルレアリスム的,前衛的な作品が発表され,当時の近代写真の先駆者として注目されました.
著者:芦屋市立美術博物館 学芸員・大槻 晃実,國井 綾

前へ 次へ