HOME > ギャラリー > ギャラリー一覧 > ギャラリー詳細

ギャラリー詳細

写真のある美術館・博物館・資料館-15 下関市烏山民俗資料館

 

エントランスからみた館の展示風景

■館と写真のつながり
当館の立地する川棚温泉は,古くから歴史の舞台となってきた海峡都市下関に位置するとともに江戸時代より長府毛利藩の庇護のもと領内唯一の温泉場として藩主を始め多くの旅人に愛されてきた歴史ある温泉地です.
そのため,温泉街をはじめとした地域の風景は,それぞれの時代に様々な手法で多くの人たちに記録されてきました.当館では,先人たちにより蓄積された
写真を含むあらゆる風景情報を収集し,その中に込められた多種多様な背景を拾い上げることで,あらためて地域に対する認識を構築することを目的として地域住民や旅館などの協力のもとに活動を行っています.
著者:烏山民族資料館館長 河田 聡

前へ 次へ