HOME > ギャラリー > ギャラリー一覧 > ギャラリー詳細

ギャラリー詳細

「画像からくり」第16回 カラースライドフィルムを用いたステレオビューア 桑山哲郎 氏

 

Fig.1ミッキーマウスの顔の形をしたステレオビューア(ビューマスター)

最初のビューマスターは1940年に発売されたが,基本特許にあたる
US Patent 2,189,285(1940年)1)にはその技術内容が詳しく記述されている.1935年,外式カラーリバーサルフィルム「コダクローム(Kodachrome)」が発売され,その高解像力を活用しビューマスターが発明されたことが,率直に記述されている.また,その画面枠寸法は上下 10.5mm,左右 11.75mm であるが,これは35ミリ幅の(パーフォレーションが無い)フィルムを左右2分割して使用することから決まったことも,はっきりと図示されている.なおこの発明を引用している US Patent から,スライドフィルムを用いたビューア2)は,ビューマスターの発明と成功に続くものであるという技術史の一断面を知ることもできる.
Fig. 1は,ビューマスターのコレクションを思い立ったら,ぜひ入手したいと皆が思う人気の商品である.一見3Dメガネをかけたミッキーマウスのお面の様に見えるが,後述の「ビューマスター モデルL」ビューアにカバーを加えて作られている.商品名は「Mickey Mouse Character Face Viewer」で,1989 年より発売されていて,製造終了年は不明である.私のコレクションは,塗装が一部剥げていて状態があまり良くないが,ご容赦いただきたい.都内のある店で驚くほど安く手に入れることができた.
著者:桑山哲郎 氏

次へ