HOME > ギャラリー > ギャラリー一覧 > ギャラリー詳細

ギャラリー詳細

「画像からくり」第17回 ホログラムメガネ,回折格子メガネ 桑山哲郎 氏

 

Fig.1 反射型ホログラムのサングラス

Fig.1では,灰色のサングラスのレンズの上に,反射型のホログラムが配置されている.体積位相型のホログラム格子を用いており,白色光で照明すると,ブラッグ回折による反射回折光で3次元の像が作り出される.この写真のメガネでは,暗い宇宙空間に緑の星が輝き,地球の上に大陸が見える.ホログラムの元の像は左右同じだが,向かって左は緑色,右には金色の像が見える.この差は,露光あるいは現像条件の違いによると思われる.なお,このサングラスでは,メガネをかけている当人にとっては視野が少し暗くなるだけで,ホログラムの像は見えない.反射型ホログラムのメガネは1980年頃から商品として店に並び始めたと思われる.最初の図柄はマネキンの目玉で,かけている人が目を閉じていても,開いた目が見えるという趣向であった.当時使用された材料はダイクロメーテッド・ゼラチンで,記録されたホログラム格子が湿度に大変弱いため,ガラス基板を用い厳重なガラスのカバーがされていた.数年で像が消えてしまったホログラムも多い.写真の商品では,記録材料がフォトポリマーなので,プラスチック基板が用いられている.
著者:桑山哲郎 氏

次へ