HOME > ギャラリー > ギャラリー一覧 > ギャラリー詳細

ギャラリー詳細

「画像からくり」第19回 レンチキュラーレンズ板−21 世紀の「だっこちゃん」,学習器具,絵ハガキ

 

Fig.1「かわりだっこちゃん」(商品名,2001年発売)の外観

Fig.1は,2001年に登場した「かわりだっこちゃん」(商品名)である.いろいろな形と色の商品が発売された中の2つで,向かって左は黄色の 「うさぎだっこ」向かって右は白と黒に塗り分けられた「パンダだっこ」である.オリジナルのだっこちゃんは1960年に「ウインキー」という名前の空気入りビニール人形として発売され,「だっこちゃん」という愛称がマスコミによりつけられて大ブームとなった.2000年,タカラ(株)より「21 世紀に向けだっこちゃんを復活させる」と発表された途端に多くの問い合わせが殺到し,2001年に入りいろいろな商品が市場に登場することになった.背景が間隔1cm の格子なので,この人形の大きさが分かるだろう.
この人形では,見事にウインクした写真が撮影できる.一方の目を開いている時に他方は閉じていて,しかも2つの顔の動作は見事にシンクロしている.この秘密は,その光学系にある.レンチキュラーレンズ板に対して,貼り合わせる印刷物が所定の位置にあるものと,正確に逆位相の位置にあるものと,2種類の目玉を組み合わせているのである.この結果,右の目が閉じているときには左の目は開いていて,上下方向に見る位置を変えると,逆の組み合わせになる.
著者:桑山哲郎 氏

次へ