HOME > ギャラリー > ギャラリー一覧 > ギャラリー詳細

ギャラリー詳細

画像からくり第35回 ハーフミラーを用いた画像のおもちゃ

 

Fig.1_ハーフミラーを用いたスマートトイ「3Dアクアリウム」(商品名)を横から見た様子

 Fig.1 をご覧いただきたい.一眼レフカメラを知っている方なら,左側から入射する光束が45°の角度に配置されたミラーで反射され,上向きに方向を変える仕組みと対応して理解されるだろう.このおもちゃでは,枠に隠れて見えないハーフミラーの働きで,右から左に進む光束と上から下に進んで反射された光束が合成される.これはタブレットPC(iPad)とスマートフォン(iPhone)を使用し,バーチャル水槽の中を泳ぎ回る魚を釣り上げるという趣向の,おもちゃである.「スマートトイ」という商品分類とされている, 3Dアクアリウム「Looksi AquariumL008」(商品名)という名前で,タブレットPCを上に置くと,表示像からの光はハーフミラーに入射して反射され,左向きに向きを変える.一方,水槽に見立てた空間に配置された石,人形などはハーフミラーを通して見えるので両者は重なって見える.
著者:桑山哲郎

次へ