HOME > ギャラリー > ギャラリー一覧 > ギャラリー詳細

ギャラリー詳細

画像からくり第37回 モンタージュ式仕掛け絵本

 

Fig.1_仕掛け絵本「モンタージュブック」3)の表紙と裏表紙

絵本のページを上部,中央,下部の3つの部分に分割し,それぞれ独立にページをめくると,3つの絵が組み合わされて1つの絵が合成される.この様な造りの絵本は,英語では通例として“Mix and Match”と呼ばれるが,日本では特定の呼び方が定まっていないので,検索は少し不便である.一方,本造りに際して,技術的に難しい点や特別なノウハウは不要なので,モンタージュやストーリー展開の他,いろいろな目的でこの仕掛けは用いられている1,2).モンタージュ写真を模した仕掛け絵本はいくらでも見つかりそうだが,私は現在1冊しか所有していない.
Fig.1 をご覧いただきたい.「モンタージュブック」3)というタイトルの仕掛け絵本で,シールブックを多数商品化している(株)リーバンの出版物である.表紙の大きな顔は,モンタージュ合成された顔になっている.各ページは頭(髪型と帽子),目と鼻,口から下の3つの部分に分割されていて,各パーツは6枚あるので,作り出される状態の数は 6 x 6 x 6 = 216通りあり,見開きページの左右に配置される顔が432種類作り出される.向かって左の裏表紙に見える12枚の顔の絵は,上中下の3つのパーツを一度にめくるときに現れる顔で,合成の素材である.
著者:桑山哲郎

次へ