HOME > ギャラリー > ギャラリー一覧 > ギャラリー詳細

ギャラリー詳細

画像からくり第42回 カメラと凹面鏡

 

Fig.2_米国特許の図_2)

 このカメラは,1840年という写真の最初期からニューヨークで写真スタジオを開設し活躍した,Alexander S. Wolcott (1804 - 1844)の発明であることが分かった.1840年に発行された米国特許2)には分かりやすい図(Fig.2)が掲載されている.現存するWolcott Cameraの情報に触れ,更に再現実験の報告3)を読むことで,凹面鏡による像への興味はますます高まった.
著者:桑山哲郎

前へ 次へ