HOME > ギャラリー > ギャラリー一覧 > ギャラリー詳細

ギャラリー詳細

画像からくり第43回「折り絵合わせパズル」と「ミウラ折り」

 

Fig.7_2種類のミウラ折りによる案内地図

 最近,駅や市役所・区役所など公共の場所で配布されている地図に,ミウラ折りを用いたものが大変増えている.何種類も揃えてもあまり意味が無いので,ごく最近の2点を紹介する.Fig.7で広げているのは「港区高輪地区防災マップ」で,2017年3月発行となっている.「公式ミウラ折りサイト」には,表と裏に表紙となる厚紙をした,配した定型的な地図寸法が掲載されている.写真の地図はA2サイズで,上下574 mm を8つに折り,左右430 mm を5つに折っている.また「神楽坂」の地図は一つ上の寸法,ほぼB2サイズである.これらの出版物には特許番号が記入されているので,分権的に調査を行ってみた.特許としては発明者である三浦公亮 東京大学名誉教授が発明者の実用新案「折り込み地図」4)が1975年9月7日出願,1981年6月12日公告となっている.もう権利期間は終了している.またミウラ折りの出版物に記載されている特許番号を調べると,これは紙を折る機械に関する特許5)であった.実際のビジネスの現状と対応していて興味深い.
 今回取り上げた紙を折る商品は,多様な商品のごく一部で,写真や絵合わせに関連する魅力的な商品を今後も紹介したい.
文献:
1)桑山哲郎,口絵連載 画像からくり第36回「江戸の遊び絵の伝統」,日本写真学会誌,第80巻1号(2017).
2)Larry Evans, “3-Dimensional Optical Illusions to color & construct ”, Troubador Press, San Francisco, USA (1977).
3)駒形克己,「リトル・アイ シリーズ WALK & LOOK あっちとこっち」, (株)偕成社(1992).
4)三浦公亮,「折り込み地図」,実用新案出願公告 昭56-25023,1975年9月7日出願,1977年3月16日公開,1981年6月12日公告.
5)渕上惣エ門,中山英樹, 「薄板状材料折り装置と薄板状材料折り方法と薄板状材料折り冶具」,特許第3694495号,2003年3月3日出願,2004年9月24日公開,2005年2月10日登録.
著者:桑山哲郎

前へ