HOME > ギャラリー > ギャラリー一覧

ギャラリー一覧

このWEBギャラリーはギャラリー委員会が運営いたしております。

画像からくり第37回 モンタージュ式仕掛け絵本

「モンタージュ写真」という言葉から,ある程度年齢が高い方は,目撃者の記憶を基にして作られる容疑者の顔写真が,すぐに思い浮かぶことだろう.今回はモンタージュ写真に関連する,画像からくりの話題をご紹介する.
日本写真学会誌第80巻第2号(2017年5月)に掲載.

Fig.1_仕掛け絵本「モンタージュブック」3)の表紙と裏表紙 Fig.2_「昆虫ガッタイダ―」4)の表紙 Fig.3  仕掛け絵本“FLIP-O-SAURUS”5)の表紙と裏表紙 Fig.4_着せ替え仕掛け絵本“Barbie Mix & Match Fashions”6)の表紙 Fig.5_ノベルティグッズ「三太郎の暦2017」の外観
Fig.1
_仕掛け絵
本「モンタ
ージュブッ
ク」3)の
表紙と裏表

Fig.2
_「昆虫ガ
ッタイダ―
」4)の表

Fig.3
  仕掛け
絵本“FL
IP−O−
SAURU
S”5)の
表紙と裏表

Fig.4
_着せ替え
仕掛け絵本
“Barb
ie Mi
x & M
atch 
Fashi
ons”6
)の表紙
Fig.5
_ノベルテ
ィグッズ「
三太郎の暦
2017」
の外観
Fig.6_登場人物の顔のページ        
Fig.6
_登場人物
の顔のペー

       

画像からくり第36回 江戸の遊び絵の伝統

写真が紙焼きプリントとして普及するのに並行し,別々に撮影された写真を繋ぎ合わせて新しい作品とすることが行われ始めた.これは手書きの絵画や版画の時代からの伝統を受け継いだものであった,プリントの周囲をトリミングするだけで,画面では見えていない周囲を推測した結果が大きく異なることがある.また,画面外については何通りも推測が成り立つ.画像の持つこの様な特性を前提に,古くからいろいろな「遊び絵」が登場している.
日本写真学会誌第80巻第1号(2017年2月)に掲載.

Fig.1_ しかけ絵本“ Imagine ”の表紙外観1) Fig.2_ 折り込みを開いた様子 Fig.3_単行本「Z折りの絵」2)の外観 Fig.4_江戸の遊び絵「新板武者の折かわり絵」が変化する様子 Fig.5_写真集“Dear Photograph”4)の表紙外観
Fig.1
_ しかけ
絵本“ I
magin
e ”の表
紙外観1)
Fig.2
_ 折り込
みを開いた
様子
Fig.3
_単行本「
Z折りの絵
」2)の外

Fig.4
_江戸の遊
び絵「新板
武者の折か
わり絵」が
変化する様

Fig.5
_写真集“
Dear 
Photo
graph
”4)の表
紙外観
Fig.6_写真集の裏表紙        
Fig.6
_写真集の
裏表紙
       

画像からくり第35回 ハーフミラーを用いた画像のおもちゃ

 ハーフミラーは,光学機器で光束の分割や合成に用いられるが,一般の人の目につくことは少ない.クラシックカメラ愛好家なら,1965年に発売された35ミリ一眼レフカメラ「キヤノン ペリックス」を思い出すだろうが,最近は,おもちゃや玩具菓子でハーフミラーを見る機会が増えている.今回は,「画像からくり」にふさわしい,ハーフミラーを用いたおもちゃを紹介する.
 日本写真学会誌 第79巻4号(2016年11月)に掲載.

Fig.1_ハーフミラーを用いたスマートトイ「3Dアクアリウム」(商品名)を横から見た様子 Fig.2_白色LED照明を点灯した様子 Fig.3_玩具菓子「ハコビジョン」(商品名)の組立て途中の状態 Fig.4_商品のパッケージ外観 Fig.5_ピラミッド形ハーフミラーの利用の模式図
Fig.1
_ハーフミ
ラーを用い
たスマート
トイ「3D
アクアリウ
ム」(商品
名)を横か
ら見た様子
Fig.2
_白色LE
D照明を点
灯した様子
Fig.3
_玩具菓子
「ハコビジ
ョン」(商
品名)の組
立て途中の
状態
Fig.4
_商品のパ
ッケージ外

Fig.5
_ピラミッ
ド形ハーフ
ミラーの利
用の模式図
Fig.6_タブレットPC上に浮かぶ画像        
Fig.6
_タブレッ
トPC上に
浮かぶ画像
       

画像からくり第34回 おもちゃと絵本における画像の暗号化技術

日常生活の中で扱うデジタル画像データの量が増えていることから,画像に暗号化した情報を組込むことがますます重要になっている.そして,画像に透明なシートを重ねて隠された情報を得る技術は,古くからある手法に最新技術を加えて大きな変化を遂げている.今回は,画像の暗号化技術を,おもちゃと絵本を対象として紹介する.
日本写真学会誌 第79巻 第3号(2016年8月)に掲載

Fig1_玩具菓子「ドラゴンボール スカウター」 Fig2_絵本「かずの冒険〈野山編〉」の表紙 Fig3_隠れた文字が現れる様子 Fig4_絵本「ドラえもん マジックルーペでさがせ! 2」の表紙 Fig5_「マジックルーペ」の練習画面
Fig1_
玩具菓子「
ドラゴンボ
ール スカ
ウター」
Fig2_
絵本「かず
の冒険〈野
山編〉」の
表紙
Fig3_
隠れた文字
が現れる様

Fig4_
絵本「ドラ
えもん マ
ジックルー
ペでさがせ
! 2」の
表紙
Fig5_
「マジック
ルーペ」の
練習画面
Fig6_暗号化印刷の仕組み 参考文献_Table1_絵本の一覧      
Fig6_
暗号化印刷
の仕組み
参考文献_
Table
1_絵本の
一覧
     

「画像からくり」第33回 回転円板付きの絵本

 穴を開けたページに別な絵を組み合わせたしかけ絵本は,数多く見つけることができる.子供だましという印象を持つ方も多いだろうが,私は特に優れた「画像からくり」だと考えている.今回は,回転円板を組み込み,見事な効果を上げている絵本を2冊取り上げる.
 日本写真学会誌 第7巻 第2号(2016年5月)に掲載

Fig.1「くるくるまわる しかけえほん あそびましょ」1)の表紙 Fig.2_表紙を開いた最初のページ Fig.3_ダイアルを回すと絵が変わる様子(時系列を時計回りに配置) Fig.4“Le Petit Prince cherche un ami”3)の表紙 Fig.5_レバーを動かし画面が転換する途中
Fig.1
「くるくる
まわる し
かけえほん
 あそびま
しょ」1)
の表紙
Fig.2
_表紙を開
いた最初の
ページ
Fig.3
_ダイアル
を回すと絵
が変わる様
子(時系列
を時計回り
に配置)
Fig.4
“Le P
etit 
Princ
e che
rche 
un am
i”3)の
表紙
Fig.5
_レバーを
動かし画面
が転換する
途中

「画像からくり」第32回 実物映写機

写真に関する技術のデジタル化が進む中で,昔からの構成・構成を受け継いでいる技術分野と,デジタル技術で完全に置き換わってしまった分野の塗り分けがはっきりしてきている.反射原稿,印刷物,立体物などをスクリーンに映写する「実物映写機」については,完全にデジタル技術で置き換えられてしまい,どのような装置が用いられていたのか,想像もできない方が増えていると思われる.今回は実物映写機について解説する.

Fig.1実物映写機の外観 Fig.2映写機の正面 Fig.3カバーを開いた様子 Fig.4絵葉書をセットした状態 Fig.5_19世紀の一眼レフ型カメラ・オブスクラ
Fig.1
実物映写機
の外観
Fig.2
映写機の正

Fig.3
カバーを開
いた様子
Fig.4
絵葉書をセ
ットした状

Fig.5
_19世紀
の一眼レフ
型カメラ・
オブスクラ

「画像からくり」第31回 フォトフレーム

写真をプリントして生活の中で楽しむ際,フォトフレームは大変重要な役割を果たしている。その歴史は,細密画を飾って楽しむ時代にまで遡ってしまうし,フォトフレーム論に正面から取り組むのはあまりにテーマとしては大きすぎる。今回は著者が気になるフォトフレームの一部分を取り上げ,ご紹介する。
**日本写真学会誌 第78巻4号(2015年11月)に掲載

Fig.1金属製の置物のフォトフレーム Fig.2時計のある現代アート作品風のフォトフレーム Fig.3_2つのハート形のフォトフレーム Fig.4丸い形のフォトフレーム Fig.5小型のアクリルフレームと円筒形のフォトフレーム
Fig.1
金属製の置
物のフォト
フレーム
Fig.2
時計のある
現代アート
作品風のフ
ォトフレー

Fig.3
_2つのハ
ート形のフ
ォトフレー

Fig.4
丸い形のフ
ォトフレー

Fig.5
小型のアク
リルフレー
ムと円筒形
のフォトフ
レーム
Fig.6写真収納ボックスを兼ねたフォトフレーム        
Fig.6
写真収納ボ
ックスを兼
ねたフォト
フレーム
       

「画像からくり」第30回 フレネル凸面鏡

平面鏡の場合は,素材がガラス,金属,あるいは紙の印刷でも印象はあまり変わらない.一方凸面鏡では,素材や使用されている状況により,かなり印象が異なる.今回は,前回の平面鏡に続いてフレネル凸面鏡を取り上げる.
**日本写真学会誌 第78巻3号(2015年8月)に掲載

Fig.1 しかけ絵本「脳をきたえるパズルの世界」の表紙外観 Fig.2裏表紙の外観 Fig.3フレネル凸面鏡アレイによる結像の模式図 Fig.4「3D特殊おりがみ」のパッケージ外観 Fig.5エレベーター扉横のフレネル凸面鏡
Fig.1
 しかけ絵
本「脳をき
たえるパズ
ルの世界」
の表紙外観
Fig.2
裏表紙の外

Fig.3
フレネル凸
面鏡アレイ
による結像
の模式図
Fig.4
「3D特殊
おりがみ」
のパッケー
ジ外観
Fig.5
エレベータ
ー扉横のフ
レネル凸面

Fig.6道路に設置された凸面鏡(カーブミラー)        
Fig.6
道路に設置
された凸面
鏡(カーブ
ミラー)
       

「画像からくり」第29回 鏡と本

 平面鏡は「水鏡」(みずかがみ)として人類が最初に出会った光学部品の一つであるとされているが,写真とのかかわりは,一眼レフカメラや二眼レフカメラで光路を折り曲げる光学部品など重要な要素として使用されている。水平に配置された平面鏡では,「3次元物体の各点の上下の座標値の符号を反転させる」ということは機械図面について明るい方にとっては自明であるが,適切な「実物」を前にしないと,不慣れな方にとっては多少理解しにくい点がある。幸い,本文のページが鏡で作られている本を書店の店頭でいくつか見ることができるので,ここに紹介したい。
**日本写真学会誌 第78巻2号(2015年5月)に掲載

Fig.1各ページが鏡でできている2種類の絵本 Fig.2卵をボウルに割り入れるページ Fig.3左と右のページに印刷された輪が組み合わさるページ Fig.4表紙も内部も鏡でできた本 Fig.5穴の開いたページを開いた様子
Fig.1
各ページが
鏡でできて
いる2種類
の絵本
Fig.2
卵をボウル
に割り入れ
るページ
Fig.3
左と右のペ
ージに印刷
された輪が
組み合わさ
るページ
Fig.4
表紙も内部
も鏡ででき
た本
Fig.5
穴の開いた
ページを開
いた様子
Fig.6鏡の面に印刷されたグリーティングカード        
Fig.6
鏡の面に印
刷されたグ
リーティン
グカード
       

「画像からくり」第28回 カメラが立ち上がるしかけ絵本

 デジタル機器,とくにスマートフォンの増加に伴い,写真撮影が日常的に気軽に行われるようになった半面,「結像面には上下左右反転した像が生じている」,「画面サイズと撮影レンズの焦点距離から画角が定まる」といった基本的な原理への理解度は,大変低くなってしまった様に思われる.学生や社会人を対象に,正しい科学知識を教えようと思っても,間違った説明も世の中に多いことから,困難な場合がたびたびある.一方,カメラの原理について教えるのに適した「しかけ絵本」も何冊か刊行されているので,今回はその一部を紹介する.
**日本写真学会誌 第78巻1号(2015年2月)に掲載

Fig.1 3冊のしかけ絵本 Fig.2 しかけ絵本から立ち上がるカメラ・オブスクラ Fig.3 ピンホール・カメラ・オブスクラを組立てた様子 Fig.4 線透視図法を説明するページ Fig.5 証明写真機を説明するページ
Fig.1
 3冊のし
かけ絵本
Fig.2
 しかけ絵
本から立ち
上がるカメ
ラ・オブス
クラ
Fig.3
 ピンホー
ル・カメラ
・オブスク
ラを組立て
た様子
Fig.4
 線透視図
法を説明す
るページ
Fig.5
 証明写真
機を説明す
るページ

「画像からくり」第27回 上下絵(さかさ絵)の世界

 写真は「だまし絵」にたとえられる.そして,まるで実物がそこに置かれているように描かれた細密画の存在が,写真術を研究する動機付けの一つになったという説もある.一方,この論議とは無関係に,「上下絵」(さかさ絵,あべこべ絵とも呼ばれる)は,昔から現代に至るまで大変魅力的で,だまし絵の中でかなりの勢力を保っている.今回はこんな話題を取り上げる.
**日本写真学会誌 第77巻4号(2014年11月)に掲載

Fig1上下反転した風景が見えた様子(白黒写真) Fig2上下正しい風景 Fig.3さかさ絵本「まさかさかさま_虹の巻」の表紙 Fig.4さかさまマンガ「少女ラブキンズとマファルー老人の冒険」の表紙 Fig.5「江戸の遊び絵」の表紙
Fig1上
下反転した
風景が見え
た様子(白
黒写真)
Fig2上
下正しい風

Fig.3
さかさ絵本
「まさかさ
かさま_虹
の巻」の表

Fig.4
さかさまマ
ンガ「少女
ラブキンズ
とマファル
ー老人の冒
険」の表紙
Fig.5
「江戸の遊
び絵」の表

Fig.6二眼カメラの使用状態        
Fig.6
二眼カメラ
の使用状態
       

「画像からくり」第26回 フェイス形カメラ

ヒトの目はカメラにたとえられる.他人と向き合い目を合わすことと,相手の顔を正面から撮影するのが同列に考えられるなら,カメラは顔の形をしているのが最も良いだろう……というのはかなり飛躍した理屈だが,顔の形をしたカメラは意外に多数ある.今回は,顔の形をしたカメラの一部を紹介する.
**日本写真学会誌 第77巻3号(2014年8月)に掲載

Fig.1眼球における結像の図(デカルト,1637年) Fig.2「ハローキティ(R)」の顔の形のカメラと取扱説明書 Fig.3撮影例 Fig.4猫の顔が描かれているカメラ(Holga_K202) Fig.5顔の「ホクロ」を押した状態
Fig.1
眼球におけ
る結像の図
(デカルト
,1637
年)
Fig.2
「ハローキ
ティ(R)
」の顔の形
のカメラと
取扱説明書
Fig.3
撮影例
Fig.4
猫の顔が描
かれている
カメラ(H
olga_
K202)
Fig.5
顔の「ホク
ロ」を押し
た状態
Fig.6_2つの目が撮影レンズになっているカメラ(Holga 135TIM)        
Fig.6
_2つの目
が撮影レン
ズになって
いるカメラ
(Holg
a 135
TIM)
       

「画像からくり」第25回 奥行き反転錯視物体を手作りする

 錯視図形は人気があるが,なかでも奥行が反転する錯視物体は特に人気が高い.これには,不思議な動き方を広めることができる,動画共有サイトの功績が大きいと思われる.
 今回は,筆者が長年にわたり注目してきた体験を交えて解説する.
**日本写真学会誌 第77巻2号(2014年5月)に掲載

Fig.1立方体形の錯視物体 Fig.2錯視物体(立方体形)の展開図 Fig.3ティッシュペーパーの箱を素材にした錯視物体 Fig.4錯視物体を別な角度から見た状態 Fig.5トラ,ドラゴン,ネコの錯視物体
Fig.1
立方体形の
錯視物体
Fig.2
錯視物体(
立方体形)
の展開図
Fig.3
ティッシュ
ペーパーの
箱を素材に
した錯視物

Fig.4
錯視物体を
別な角度か
ら見た状態
Fig.5
トラ,ドラ
ゴン,ネコ
の錯視物体
Fig.6「お面の裏側」の錯視        
Fig.6
「お面の裏
側」の錯視
       

「画像からくり」第24回 理科教育用のカメラとルーペ

 中古カメラ店ではなく雑然とジャンクが並べられている売場で,素性が分からない不思議なカメラにたびたび出合う.今回はその中から,小学生向け理科教育用のカメラを取上げる.また理科教材として,ルーペを取上げる.
** 日本写真学会誌 第77巻1号(2014年2月)に掲載

Fig.1 2台の理科教育用カメラ Fig.2カメラを「かんさつ」モードとし「さつえいガイド」を広げた状態 Fig.3「ぶんしん」モードの状態:プリズムが撮影レンズの前に配置されている Fig.4 スマートな外観のルーペ Fig.5 ルーペのレンズを広げた状態
Fig.1
 2台の理
科教育用カ
メラ
Fig.2
カメラを「
かんさつ」
モードとし
「さつえい
ガイド」を
広げた状態
Fig.3
「ぶんしん
」モードの
状態:プリ
ズムが撮影
レンズの前
に配置され
ている
Fig.4
 スマート
な外観のル
ーペ
Fig.5
 ルーペの
レンズを広
げた状態

「画像からくり」第23回 トランスペアレンシーを利用したしかけ絵本-カラープリントを教えるための機材

 現像後のカラー印画紙では,イエロー・マゼンタ・シアンの色素像がゼラチン層内に形成され,ベースとなる白い紙に密着して配置されている.もしもゼラチンの層をベースと分離したり,また密着させたりして示すことができれば,教育の効果が大変上がるだろうと考えていたところ,絵本の売場でこの用途に最適な絵本を発見した.今回は教育に適していると思われる,しかけ絵本をご紹介する.
** 日本写真学会誌 第76巻6号(2013年12月)に掲載

Fig.1「ライト」を差し込んだ状態のしかけ絵本 Fig.2「ライト」をページに置いた状態のしかけ絵本 Fig.3絵本“ライトでみっけ!まよなかのおしろたんけん”1)の表紙 Fig.4絵本“たんけんライトシリーズ1恐竜たんけん”4)の表紙と透明なページ Fig.5影絵用のトランスペアレンシーがページになっている絵本
Fig.1
「ライト」
を差し込ん
だ状態のし
かけ絵本
Fig.2
「ライト」
をページに
置いた状態
のしかけ絵

Fig.3
絵本“ライ
トでみっけ
!まよなか
のおしろた
んけん”1
)の表紙
Fig.4
絵本“たん
けんライト
シリーズ1
恐竜たんけ
ん”4)の
表紙と透明
なページ
Fig.5
影絵用のト
ランスペア
レンシーが
ページにな
っている絵

Fig.6絵本“The_Night_Before_Christmas”5)の表紙        
Fig.6
絵本“Th
e_Nig
ht_Be
fore_
Chris
tmas”
5)の表紙
       

「画像からくり」第22回 光の模様を空中に描く-2次元画像走査の教材

 火の付いた木片や花火を暗い場所で振り回すと,目の残像効果により,連続した明るい線が空中に見える.画像技術において,残像効果はCRT(ブラウン管)を用いたテレビの画像表示にまず利用された.水平方向の主走査と上下方向の副走査は,画像を工学技術として扱う上で重要な要素である.けれどもCRTが身の回りから無くなり,画像の教育上で困難が生じるようになってきた.2次元走査は,学生にはぜひキチンと理解してもらいたい基本的な事柄である.他方都合の良いことに,LEDアレイを回転する羽根に取り付けた扇風機のおもちゃが各種出回るようになり,講義で紹介することができるようになった.
 今回は,空中に走査画像を描く各種の扇風機についてご紹介する.
** 日本写真学会誌 第76巻5号(2013年10月)に掲載

Fig.1空中に浮かぶ「アンパンマン」の顔 Fig.2回転する羽根に配置されたLEDアレイ Fig.3空中にアルファベットを描く扇風機 Fig.4扇風機の柔らかな羽根に配置されたLEDアレイ Fig.5いろいろな色の線を描く扇風機
Fig.1
空中に浮か
ぶ「アンパ
ンマン」の

Fig.2
回転する羽
根に配置さ
れたLED
アレイ
Fig.3
空中にアル
ファベット
を描く扇風

Fig.4
扇風機の柔
らかな羽根
に配置され
たLEDア
レイ
Fig.5
いろいろな
色の線を描
く扇風機

「文化財の写真を撮る」-奈良国立博物館の撮影現場から-佐々木香輔 氏

日本写真学会誌75巻5号に掲載した写真を,カラーで公開します.

Fig.1 Fig.2 Fig.3 Fig.4 Fig.5
Fig.1
Fig.2
Fig.3
Fig.4
Fig.5

「文化財の写真を撮る」 美術彫刻における写真表現 遠藤 桂 氏

日本写真学会誌75巻5号に掲載した写真を,カラーで公開します.

Fig.1 Fig.2 Fig.3 Fig.4 Fig.5
Fig.1
Fig.2
Fig.3
Fig.4
Fig.5
Fig.6 Fig.7 Fig.8 Fig.9 Fig10
Fig.6
Fig.7
Fig.8
Fig.9
Fig10
Fig11 Fig12 Fig13    
Fig11
Fig12
Fig13
   

「文化財の写真を撮る」長崎の天主堂建築撮影紀行 木村信郎 氏

日本写真学会誌75巻5号に掲載した写真を,カラーで公開します.

Fig.1 Fig.2 Fig.3 Fig.4 Fig.5
Fig.1
Fig.2
Fig.3
Fig.4
Fig.5
Fig.6 Fig.7 Fig.8 Fig.9 Fig10
Fig.6
Fig.7
Fig.8
Fig.9
Fig10
Fig11 Fig12      
Fig11
Fig12
     

写真のある美術館・博物館・資料館-16 横浜開港資料館

館の紹介
http://www.kaikou.city.yokohama.jp/
横浜開港資料館は,開港百年を記念して編さんされた『横浜市史』の収集資料を基礎に,1981(昭和56)年,日本の開国を約した日米和親条約が締結された地において開館しました.

館の外観 横浜大桟橋 明治中頃 印画紙に手彩色を施した彩色写真 山手から見た居留地 生麦 施設メモ
館の外観 横浜大桟橋
 明治中頃
 印画紙に
手彩色を施
した彩色写

山手から見
た居留地
生麦 施設メモ

写真のある美術館・博物館・資料館-17 山口県立美術館

館の紹介
http://www.yma-web.jp
山口県立美術館は,「山口県の特色を発揮する郷土色豊かな美術館」,「県民が参加する開かれた美術館」を基本方針に掲げ,1979年に開館しました.

リニューアル後の県立美術館外観 ロビー 「光りの貝殻(ヌード)」 福田勝治 1949(昭和24)年 『センチメンタルな旅より』 荒木経惟  1971(昭和46)年 ■施設メモ
リニューア
ル後の県立
美術館外観
ロビー 「光りの貝
殻(ヌード
)」 福田
勝治 19
49(昭和
24)年
『センチメ
ンタルな旅
より』 荒
木経惟  
1971(
昭和46)

■施設メモ

写真のある美術館・博物館・資料館-15 下関市烏山民俗資料館

館の紹介
http://www.kawatananomori.com/
下関市烏山民俗資料館は,平成8年に地元の個人収集家から全国各地の工芸品や手仕事に関するコレクションの寄贈を受けたことにより開館いたしました

資料館の外観 エントランスからみた館の展示風景 【先村日光軒写真帖】 二冊で構成されており旧豊浦郡内の写真90枚が収められる ■施設メモ  
資料館の外

エントラン
スからみた
館の展示風

【先村日光
軒写真帖】
 二冊で構
成されてお
り旧豊浦郡
内の写真9
0枚が収め
られる
■施設メモ
 

写真のある美術館・博物館・資料館-14 周南市美術博物館

館の紹介
http://www.s-bunka.jp/bihaku/
周南市美術博物館は,美術・写真・歴史部門を併せ持つ人文系総合博物館として1995(平成7)年9月に山口県徳山市(現在の周南市)に開館しました.

美術博物館の建物外観 林忠彦記念室 「品川お台場」林忠彦 1990(平成2)年【東海道】 「太宰治」林忠彦 1946(昭和21)年【日本の作家】 ■施設メモ
美術博物館
の建物外観
林忠彦記念

「品川お台
場」林忠彦
 1990
(平成2)
年【東海道

「太宰治」
林忠彦 1
946(昭
和21)年
【日本の作
家】
■施設メモ

写真のある美術館・博物館・資料館-13 日本大学芸術学部 芸術資料館

館の紹介
http://www.art.nihon-u.ac.jp/facilities/archives.html
日本大学芸術学部は1921(大正10)年,日本大学法文学部のなかに美学科が誕生したときからはじまります.

日本大学芸術学部・西棟・ギャラリー棟全景 芸術資料館展示室・海外写真家作品による「海の写真展」2009年 上野彦馬「西南戦争・田原坂」1877(明治10)年,鶏卵紙,20.3×26.5cm 錦古里孝治「題名不詳」1929(昭和4)年,ブロムオイルプリント,23.5×28.2 cm ■施設メモ
日本大学芸
術学部・西
棟・ギャラ
リー棟全景
芸術資料館
展示室・海
外写真家作
品による「
海の写真展
」2009

上野彦馬「
西南戦争・
田原坂」1
877(明
治10)年
,鶏卵紙,
20.3×
26.5c

錦古里孝治
「題名不詳
」1929
(昭和4)
年,ブロム
オイルプリ
ント,23
.5×28
.2&#1
60;cm
■施設メモ

写真のある美術館・博物館・資料館-12 土門拳記念館

館の紹介
http://www.domonken-kinenkan.jp/
土門拳記念館は日本最初の写真専門の美術館として,また個人の写真記念館としては世界でも唯一のものとして1983 年に誕生しました.市街地から南西4kmに位置する飯森山公園の美しい自然林と丘を背景として,全面に池を配し,広大な水田地帯を視野に収めながら,秀峰出羽富士(鳥海山)を眺望する絶好の場所に建物を据えました.

記念館の外観【写真の二次使用を禁じます】 記念館の内部【写真の二次使用を禁じます】 展示室【写真の二次使用を禁じます】 『筑豊のこどもたち』より 母のない姉妹 1959年【写真の二次使用を禁じます】 『古寺巡礼』より室生寺弥勒堂釈迦如来坐像左半面相 1966年【写真の二次使用を禁じます】
記念館の外
観【写真の
二次使用を
禁じます】
記念館の内
部【写真の
二次使用を
禁じます】
展示室【写
真の二次使
用を禁じま
す】
『筑豊のこ
どもたち』
より 母の
ない姉妹 
1959年
【写真の二
次使用を禁
じます】
『古寺巡礼
』より室生
寺弥勒堂釈
迦如来坐像
左半面相 
1966年
【写真の二
次使用を禁
じます】
施設メモ        
施設メモ        

写真のある美術館・博物館・資料館-11 東京富士美術館

館の紹介
http://www.fujibi.or.jp/
東京富士美術館は,1983年,池田大作SGI(創価学会インタナショナル)会長により設立された総合的な美術館で,世界各国,各時代の絵画・写真・彫刻・陶磁など様々なジャンルの作品約30,000点を収蔵しています.とりわけルネサンスから現代に至る西洋絵画500年の流れを一望できる油彩画コレクションと,写真の誕生から現代までの写真史を概観できる写真コレクションは最大の特徴です.

館の全景 携帯型レフレックス・カメラ・オブスキュラ 17 世紀,オーストリア,木製,22.5×15.3×28.0 cm ジョン・トムソン 「官吏の住居(中庭側)」 1871ー72年頃,北京,アルビュメン・プリント,18.5×23.8 cm 施設メモ  
館の全景 携帯型レフ
レックス・
カメラ・オ
ブスキュラ
 17 世
紀,オース
トリア,木
製,22.
5×15.
3×28.
0 cm
ジョン・ト
ムソン 「
官吏の住居
(中庭側)
」 187
1ー72年
頃,北京,
アルビュメ
ン・プリン
ト,18.
5×23.
8 cm
施設メモ  

写真のある美術館・博物館・資料館-10 芦屋市立美術博物館

館の紹介
http://ashiya-museum.jp/
芦屋市立美術博物館は,1991(平成3)年に開館した美術部門,歴史部門を併せ持つ文化施設です.大阪と神戸の中間に位置する芦屋の地で培われた文化を,美術,歴史の両面からご紹介しています.

博物館の外観 紅谷吉之助《無題》1930年(Printed in 1997)ゼラチンシルバー・プリント 当館蔵 ハナヤ勘兵衛《シルクハット》1937年 ゼラチンシルバープリント 当館蔵 津高和一《鋭角》1961年 油彩,布 当館蔵 写真=吉野晴朗
博物館の外

紅谷吉之助
《無題》1
930年(
Print
ed in
 1997
)ゼラチン
シルバー・
プリント 
当館蔵
ハナヤ勘兵
衛《シルク
ハット》1
937年 
ゼラチンシ
ルバープリ
ント 当館

津高和一《
鋭角》19
61年 油
彩,布 当
館蔵
写真=吉野
晴朗
施設メモ        
施設メモ        

写真のある美術館・博物館・資料館-9 ミュゼふくおかカメラ館

館の紹介
http://www.camerakan.com
ミュゼふくおかカメラ館は,カメラと写真・映像の魅力を伝えるミュージアムとして,平成12 年9 月に,富山県高岡市(旧福岡町)にオープンしました.富山県内では唯一となる安藤忠雄氏による設計であり,建物自体がひとつの芸術作品として,その光が奏でるシンフォニーもお楽しみいただけます.

シンフォニー カメラ館の外観 常設展示 エントランス 当館自慢のコレクション−収蔵カメラたち
シンフォニ

カメラ館の
外観
常設展示 エントラン

当館自慢の
コレクショ
ン−収蔵カ
メラたち
当館自慢のコレクション−「サインによる写真家の顔」展 施設メモ      
当館自慢の
コレクショ
ン−「サイ
ンによる写
真家の顔」

施設メモ      

写真のある美術館・博物館・資料館-8 入江泰吉記念奈良市写真美術館

■館の紹介
http://www1.kcn.ne.jp/~naracmp/
奈良市写真美術館は,1992年4 月に西日本最初の公立の写真専門美術館として開館しました.東大寺・春日大社の南に位置し,春日山・高円山の山麓にあたります.

写真美術館外観 入江泰吉「古都遠望」1957年頃 施設メモ    
写真美術館
外観
入江泰吉「
古都遠望」
1957年

施設メモ    

写真のある美術館・博物館・資料館-7 フジフイルム スクエア

■施設の紹介
http://fujifilmsquare.jp/
フジフイルムスクエアは「写真文化の発展」を基本理念に,幅広い年代層の方々に,「写真」の過去,現在そして未来を触れ楽しんでいただくとともに,「写真文化」の新情報発信拠点となることを目指しています.

富士フイルムフォトサロン 写真歴史博物館 和製写真鏡 施設メモ  
富士フイル
ムフォトサ
ロン
写真歴史博
物館
和製写真鏡
施設メモ  

写真のある美術館・博物館・資料館-6 神戸市立青少年科学館

館の紹介
http://www.kobe-kagakukan.jp/
神戸ポートアイランドにある神戸市立青少年科学館には,「人間をとおして理解する科学技術」と「人間のために役立つ科学技術」をそれぞれテーマとした本館と新館があります.
 【この続きは,写真をクリックしてお読みください】

科学館の外観(写真提供:神戸市立青少年科学館) 本館エントランス 受付前 正面の階段を上がったところがカメラコレクション展示スペース. カメラの小径(カメラの物語館)20世紀後半のカメラが並べられている. 施設メモ  
科学館の外
観(写真提
供:神戸市
立青少年科
学館)
本館エント
ランス 受
付前 正面
の階段を上
がったとこ
ろがカメラ
コレクショ
ン展示スペ
ース.
カメラの小
径(カメラ
の物語館)
20世紀後
半のカメラ
が並べられ
ている.
施設メモ  

写真のある美術館・博物館・資料館-5 箱根写真美術館

館の紹介
http://www.hmop.com
箱根写真美術館は,箱根で三代に渡り写真家として活動を続けた山田・遠藤家の居住敷地内の一部に展示棟を設立,平成 14 年(2002)に開館致しました.

箱根写真美術館 箱根写真美術館 山田應水 「河口湖からの富士」 1920年代 遠藤桂 「青碧―SEIHEKI―」 2007年 施設メモ
箱根写真美
術館
箱根写真美
術館
山田應水 
「河口湖か
らの富士」
 1920
年代
遠藤桂 「
青碧―SE
IHEKI
―」 20
07年
施設メモ

写真のある美術館・博物館・資料館-4 清里フォトアートミュージアム

清里フォトアートミュージアム 八ヶ岳南麓の深い森に抱かれた写真美術館
http://www.kmopa.com/
・館の紹介
 清里フォトアートミュージアム(以下K・MoPA)は,八ヶ岳の南麓に位置する清里高原の澄んだ大気と深い緑に包まれた写真美術館です.
** この先の説明は写真をクリックしてお読みください **

清里フォトアートミュージアム 当館自慢のYPコレクション 施設メモ    
清里フォト
アートミュ
ージアム
当館自慢の
YPコレク
ション
施設メモ    

写真のある美術館・博物館・資料館-3 東京都写真美術館

http://www.syabi.com
・館の紹介
 東京都写真美術館は,日本初の写真と映像専門の総合美術館として,1995(平成7)年1月に恵比寿ガーデンプレイス内に総合開館しました.日本における写真・映像文化の充実と発展を目的として,関係各方面の熱い期待に応えて,1990(平成2)年6月の第一次開館を経て誕生したものです.
** この先の説明は写真をクリックしてお読みください **

東京都写真美術館 当館自慢の一品:月の夢想 施設メモ    
東京都写真
美術館
当館自慢の
一品:月の
夢想
施設メモ    

写真のある美術館・博物館・資料館-2 滋賀県立琵琶湖博物館

http://www.lbm.go.jp/
・館の紹介:
 琵琶湖博物館は,「湖と人間」をテーマに持つ,琵琶湖とその集水域,日本,アジア,世界の湖沼地域に関する自然と文化に関わる総合博物館です.
** この先の説明は写真をクリックしてお読みください **

滋賀県立琵琶湖博物館 施設メモ      
滋賀県立琵
琶湖博物館
施設メモ      

写真のある美術館・博物館・資料館-1 川崎市市民ミュージアム

 今号から,「写真のある美術館・博物館・資料館」のコーナーを設けました.写真作品やカメラなどの資料を展示・所蔵している施設を,順次,紹介してまいります.
 こんなところもあるよ、という写真のある施設に関する皆様からの情報をお待ちしています.メールにて担当 (岩崎: iwasaki @ chem.kit.ac.jp @は全角にしています) までお知らせ下さい.

川崎市市民ミュージアム
http://www.kawasaki-museum.jp/
館の紹介: 多彩な表情をもつ都市,川崎.川崎市市民ミュージアムは,「都市と人間」という基本テーマを掲げて1988年11月に開館した博物館と美術館の複合文化施設です.
** この先の説明は写真をクリックしてお読みください **

川崎市市民ミュージアム 施設メモ      
川崎市市民
ミュージア

施設メモ      

「画像からくり」第21回 合わせ鏡のおもちゃ

「合わせ鏡」は,手鏡と大きな鏡を組み合わせ,直接は見ることができない,自分の後頭部などを見る行為であるが,一方,大型の平面鏡を向かい合わせて平行に配置し,ロウソクや白熱電球などの光源と組み合わせ,「無限反射」とも呼ばれる光景を作り出すしかけも合わせ鏡の一種である.
** 日本写真学会誌 第76巻4号(2013年8月)に掲載

Fig.1「合わせ鏡」の光学系1 Fig.2「合わせ鏡」の光学系2 Fig.3ペンダント形の合わせ鏡のおもちゃ(点灯時) Fig.4合わせ鏡のおもちゃ(消灯時) Fig.5学習誌「小学一年生」2008年5月号の表紙
Fig.1
「合わせ鏡
」の光学系

Fig.2
「合わせ鏡
」の光学系

Fig.3
ペンダント
形の合わせ
鏡のおもち
ゃ(点灯時

Fig.4
合わせ鏡の
おもちゃ(
消灯時)
Fig.5
学習誌「小
学一年生」
2008年
5月号の表

Fig.6カード形のおもちゃ「ドラえもん ふしぎなトンネル」 Fig.7豆電球を組み込んだおもちゃ「ドラえもん ミラクルパブミラー」      
Fig.6
カード形の
おもちゃ「
ドラえもん
 ふしぎな
トンネル」
Fig.7
豆電球を組
み込んだお
もちゃ「ド
ラえもん 
ミラクルパ
ブミラー」
     

「画像からくり」第20回 折り紙が空中に作り出す光点

折り紙は,小さな子供が対象と思われていて,大人はあまり目を向けないと思われる.ところが,立派な光学装置とまで呼べるような折り紙が店頭には並んでおり,なかには,空中に像を浮かばせる機能を持っているものもあることはあまり知られていない.

Fig. 1 2 種類の「スピンカラーおりがみ」【(株)トーヨーの商品名】 Fig. 2 凸レンズによる縮小結像の図 Fig. 3 フレネル凹面鏡による結像の図 Fig. 4 空中に浮かぶ光の点をステレオ写真として撮影 Fig. 5 「ホログラム特殊おりがみ」
Fig. 
1 2 種
類の「スピ
ンカラーお
りがみ」【
(株)トー
ヨーの商品
名】
Fig. 
2 凸レン
ズによる縮
小結像の図
Fig. 
3 フレネ
ル凹面鏡に
よる結像の

Fig. 
4 空中に
浮かぶ光の
点をステレ
オ写真とし
て撮影
Fig. 
5 「ホロ
グラム特殊
おりがみ」
Fig. 6 「ホログラムシール」 Fig. 7 「ホログラムおりがみ」と「プリズムおりがみ」【(株)トーヨーの商品名】      
Fig. 
6 「ホロ
グラムシー
ル」
Fig. 
7 「ホロ
グラムおり
がみ」と「
プリズムお
りがみ」【
(株)トー
ヨーの商品
名】
     

「画像からくり」第19回 レンチキュラーレンズ板−21 世紀の「だっこちゃん」,学習器具,絵ハガキ

見る位置を変えると像が変化する印刷物は,目立つことからいろいろな商品に利用される.なかでも有名なのが「だっこちゃんの目玉」だろう.「レンチキュラーレンズ板 1)」の光学部品を用いた商品であるが,最近はこの光学原理も忘れられる傾向にある.今回は,レンチキュラーレンズ板に関連する話題を取り上げる.

Fig.1「かわりだっこちゃん」(商品名,2001年発売)の外観 Fig.2レンチキュラーレンズ板の光学原理 Fig.3 学習器具「チェンジング暗記シート ザテスト」のパッケージ外観 Fig.4 学習器具の使用法説明 Fig.5 レンチキュラー絵ハガキ(上の方から見た様子)
Fig.1
「かわりだ
っこちゃん
」(商品名
,2001
年発売)の
外観
Fig.2
レンチキュ
ラーレンズ
板の光学原

Fig.3
 学習器具
「チェンジ
ング暗記シ
ート ザテ
スト」のパ
ッケージ外

Fig.4
 学習器具
の使用法説

Fig.5
 レンチキ
ュラー絵ハ
ガキ(上の
方から見た
様子)
Fig.6レンチキュラー絵ハガキ(下の方から見た様子)        
Fig.6
レンチキュ
ラー絵ハガ
キ(下の方
から見た様
子)
       

「画像からくり」第18回 粒子の移動を用いた描画器具 桑山哲郎 氏

カラー写真では発色現像により乳剤層中に色素像が作り出されるが,インスタント写真では,色素が層の厚さ方向に移動することで像が形成される.このように物質が移動することで像が形成される映像のシステムとして描画器具がある.今回はまず,たくみなしかけで2色の線を描き分けることのでき,繰り返し使用できる描画器具を取り上げる.

Fig 1 「2カラーせんせい」(商品名)のパッケージ外観 Fig2_2色で描いた文字と図形 Fig3「マグネットおえかき板」の使用例 Fig4 “ Etch_A_Sketch”(商品名)の使用例 Fig5 USPatent_3,055,113の説明図
Fig 1
 「2カラ
ーせんせい
」(商品名
)のパッケ
ージ外観
Fig2_
2色で描い
た文字と図

Fig3「
マグネット
おえかき板
」の使用例
Fig4 
“ Etc
h_A_S
ketch
”(商品名
)の使用例
Fig5 
USPat
ent_3
,055,
113の説
明図

「画像からくり」第17回 ホログラムメガネ,回折格子メガネ 桑山哲郎 氏

メガネは大変身近な光学機器である.近眼や老眼用のメガネは実用品であるが,ひとたび回折格子を組み合わせると,メガネは面白い「からくり」に変身する.

Fig.1 反射型ホログラムのサングラス Fig.2直線回折格子のメガネ Fig.3計算機ホログラム(振幅型格子)のメガネ Fig.4計算機ホログラム(位相型格子)のメガネ Fig.5追記
Fig.1
 反射型ホ
ログラムの
サングラス
Fig.2
直線回折格
子のメガネ
Fig.3
計算機ホロ
グラム(振
幅型格子)
のメガネ
Fig.4
計算機ホロ
グラム(位
相型格子)
のメガネ
Fig.5
追記

「画像からくり」第16回 カラースライドフィルムを用いたステレオビューア 桑山哲郎 氏

気軽にステレオ写真を楽しむ機材として,左右に並んだ像を用いるステレオビューア(注1)は古く(1851年)から商品として販売されている.カラースライドフィルムとの相性が良く,35ミリスライドマウントを使用するステレオ写真集も各種発売されているが,今回は著名な「ビューマスター」をまず取り上げる.
(注1)英単語“viewer”に対しここでは「ビューア」というカタカナ表記をあてている.これには表記がいろいろあり,歴史的に最も多い表記は「ビュワー」である.また「ビューワー」,「ビューアー」,「ビュアー」さらには「ビュア」という表記の商品が共存して発売されている.

Fig.1ミッキーマウスの顔の形をしたステレオビューア(ビューマスター) Fig.2(株)トミーが販売したビューアのパッケージ外観とリール Fig.3色違いの「ビューマスターモデルL」ビューア Fig.4 1950年代の「ビューマスターモデルC」ビューアとアポロ計画のリールセット Fig.5  6×6判カラースライドのステレオ専用マウントとビューア
Fig.1
ミッキーマ
ウスの顔の
形をしたス
テレオビュ
ーア(ビュ
ーマスター

Fig.2
(株)トミ
ーが販売し
たビューア
のパッケー
ジ外観とリ
ール
Fig.3
色違いの「
ビューマス
ターモデル
L」ビュー

Fig.4
 1950
年代の「ビ
ューマスタ
ーモデルC
」ビューア
とアポロ計
画のリール
セット
Fig.5
  6×6
判カラース
ライドのス
テレオ専用
マウントと
ビューア

「画像からくり」第15回 DVDを使用した分光器の組立キット 桑山哲郎 氏

 分光器は,科学の研究に対して大きな貢献をしたが,現在も多方面で用いられ新たな研究対象となっている.また分光器が作り出す分光スペクトルを記録する上で,写真乾板が極めて有用であることは,学会員の皆さんが良くご存知のことと思われる.

** この先の説明は写真をクリックしてお読みください **
日本写真学会誌 第75巻4号(2012年8月)に掲載

Fig.1 分光器の組立キット(DVD-Rが付属している) Fig.2 分光器の光路図(特許明細書に加筆) Fig.3 組立中の分光器(DVD の配置状態) Fig.4 組立中の分光器(DVD差込口側)  
Fig.1
 分光器の
組立キット
(DVD−
Rが付属し
ている)
Fig.2
 分光器の
光路図(特
許明細書に
加筆)
Fig.3
 組立中の
分光器(D
VD の配
置状態)
Fig.4
 組立中の
分光器(D
VD差込口
側)
 

「画像からくり」第14回 円筒レンズを用いた拡大遠方像の表示-いろいろな焼酎の瓶 桑山哲郎 氏

 小学生の頃,虫眼鏡を用いて花や昆虫を拡大して観察したことを覚えている方も多いだろう.このとき大きく見えるだけではなく,実物よりも遠くに見えることはあまり強調されていない様に思える.
 一方大人になってからは,意外な場所でレンズを用いた拡大遠方像の表示に出会うことがある.その場所はなんと,焼酎の売り場なのである.今回は大人向きの「画像からくり」の話題をお届けする.

** この先の説明は写真をクリックしてお読みください **
日本写真学会誌 第75巻3号(2012年6月)に掲載

Fig.1焼酎の瓶(拡大遠方像表示の光学系が組み込まれている) Fig.2空の瓶と水の入った瓶の比較 Fig.3焼酎の瓶の裏側 Fig.4半円筒形のレンズを用いた読書用ルーペ  
Fig.1
焼酎の瓶(
拡大遠方像
表示の光学
系が組み込
まれている

Fig.2
空の瓶と水
の入った瓶
の比較
Fig.3
焼酎の瓶の
裏側
Fig.4
半円筒形の
レンズを用
いた読書用
ルーペ
 

「画像からくり」第13回 動くモアレの絵本 桑山哲郎 氏

 大人も楽しめることのできる絵本が増えている.なかでも「動く絵本」は,書店の売り場で定常的にコーナーを形成するようになっている.

** この先の説明は写真をクリックしてお読みください **
日本写真学会誌 第75巻2号(2012年5月)に掲載

Fig.1動くモアレの本“Poemotion”の表紙と付属のモアレシート Fig.2_絵本“The_Magic_Moving_Picture_Book”の外観 Fig.3_大小1組の動く絵本“Bee_&_Me” Fig.4動く絵本「アリスインワンダーランドムービングブックゴールデンアフターヌーン」の外観 Fig.5_2007年から2009年にかけて刊行された3冊の本
Fig.1
動くモアレ
の本“Po
emoti
on”の表
紙と付属の
モアレシー

Fig.2
_絵本“T
he_Ma
gic_M
oving
_Pict
ure_B
ook”の
外観
Fig.3
_大小1組
の動く絵本
“Bee_
&_Me”
Fig.4
動く絵本「
アリスイン
ワンダーラ
ンドムービ
ングブック
ゴールデン
アフターヌ
ーン」の外

Fig.5
_2007
年から20
09年にか
けて刊行さ
れた3冊の

「画像からくり」第12回 円筒鏡アナモルフォーズと円錐鏡アナモルフォーズ 桑山哲郎 氏

光の反射は「入射角は反射角に等しい」という単純な法則に従う.このため,鏡を用いた光学機器は簡単に理解できそうである.けれどもひとたび,鏡を円筒形や円錐形に丸めると,あまり見慣れない機能を発揮するようになる.
「アナモルフォーズ」には,「歪像絵画」という訳語が当てられる.正面から直接見たのでは何が描かれているのか分からない画像を,傾いた方向から観賞する,あるいは鏡あるいはプリズムを通して観賞することで,像の形を正常に戻す技法である.円筒鏡を用いるアナモルフォーズは,中国からヨーロッパに伝えられたとされるが,17世紀には大流行したという記録がある.

** この先の説明は写真をクリックしてお読みください **
日本写真学会誌 第75巻1号(2012年2月)に掲載

Fig1. 円筒鏡アナモルフォーズの冊子の表紙 Fig.2 円筒鏡アナモルフォーズの鑑賞【タイトル:ハートの10】 Fig.3 円錐鏡アナモルフォーズを展示している様子 Fig4 円錐鏡アナモルフォーズの像と元の図  
Fig1.
 円筒鏡ア
ナモルフォ
ーズの冊子
の表紙
Fig.2
 円筒鏡ア
ナモルフォ
ーズの鑑賞
【タイトル
:ハートの
10】
Fig.3
 円錐鏡ア
ナモルフォ
ーズを展示
している様

Fig4 
円錐鏡アナ
モルフォー
ズの像と元
の図
 

「画像からくり」第11回 平面鏡付きのステレオ写真集とステレオビューア 桑山哲郎 氏

平面鏡は単純な光学部品だが,写真集や絵本などと組合せられることはあまりない.私のコレクションでも,せいぜい20点程度である.今回はその中で,大変大きな鏡が付いているステレオ写真集を取上げる.

**この先の説明は写真をクリックしてお読みください**
日本写真学会誌 第74巻6号(2012年1月)に掲載

Fig.1 4冊のステレオ写真集 Fig.2 反射鏡を取付けた様子 Fig.3 ステレオビューア「3D TOOL 88」のパッケージ外観と説明パンフレット Fig.4 ビューアを組立てた様子  
Fig.1
 4冊のス
テレオ写真

Fig.2
 反射鏡を
取付けた様

Fig.3
 ステレオ
ビューア「
3D TO
OL 88
」のパッケ
ージ外観と
説明パンフ
レット
Fig.4
 ビューア
を組立てた
様子
 

「画像からくり」第10回 光学機器付きの絵本-カメラ,万華鏡,プロジェクター 桑山哲郎 氏

今回の「画像からくり」では,光学機器と一体になった絵本を3冊取り上げる.絵本がどのように光学機器と組み合わされるのか,見当もつかない方がほとんどだろうから,絵本の外観写真を用いて,その楽しみ方を紹介する.

**この先の説明は写真をクリックしてお読みください**
日本写真学会誌 第74巻5号(2011年11月)に掲載

Fig.1 おもちゃカメラが組み込まれた絵本“Smile for Elmo”の表紙 Fig.2 万華鏡とビューアが付いている絵本“Tinker Bell and Friends” Fig.3 ビューアと万華鏡の使い方(絵本の裏表紙) Fig.4 プロジェクターが組み込まれた絵本”BarbieMovieTheater”の表紙 Fig.5 プロジェクターの使い方(絵本の裏表紙)
Fig.1
 おもちゃ
カメラが組
み込まれた
絵本“Sm
ile f
or El
mo”の表

Fig.2
 万華鏡と
ビューアが
付いている
絵本“Ti
nker 
Bell 
and F
riend
s”
Fig.3
 ビューア
と万華鏡の
使い方(絵
本の裏表紙

Fig.4
 プロジェ
クターが組
み込まれた
絵本”Ba
rbieM
ovieT
heate
r”の表紙
Fig.5
 プロジェ
クターの使
い方(絵本
の裏表紙)

「画像からくり」第9回 鏡仕掛けの立方体 ― 3-D万華鏡と貯金箱 桑山哲郎 氏

立方体はその均整のとれた形から,周囲に安定感を作り出す.部屋の中を見渡すと,いくつもの立方体が目に入った.数がだんだん増えているようであるが,今回はその中から「鏡仕掛け」の3点を取り上げたい.

**この先の説明は写真をクリックしてお読みください**
日本写真学会誌 第74巻4号(2011年9月)に掲載

Fig.1 サイコロ形万華鏡“CUMOS”(キューモス)ヤマザキミノリ 作 Fig.2 アートバンク(お金の消える貯金箱,テンヨー) Fig.3 ダブル・ワールド(テンヨー)    
Fig.1
 サイコロ
形万華鏡“
CUMOS
”(キュー
モス)ヤマ
ザキミノリ
 作
Fig.2
 アートバ
ンク(お金
の消える貯
金箱,テン
ヨー)
Fig.3
 ダブル・
ワールド(
テンヨー)
   

「画像からくり」第8回 偏光フィルターを用いた印刷物 桑山哲郎 氏

 偏光フィルターを組み込んだメガネは,偏光サングラスや3D映画鑑賞用のメガネで身近な存在である.このメガネをかける前と後では,目に映る光景にはほとんど違いが感じられないのが通常である.
 液晶表示である,テレビやパソコンの画面,電卓の数字の表示では全面が黒く変化したりするが,特殊な印刷物では偏光フィルターを通して見ると突然画像が現れてくるものもある.この印刷物は,一見,全面が灰色の様であるが偏光フィルターを通すと色々な画像がにぎやかに現れる.

**この先の説明は写真をクリックしてお読みください**
日本写真学会誌 第74巻3号(2011年7月)に掲載

Fig.1印刷物の上に偏光メガネを置いた状態 Fig.2印刷物を直接見た様子 Fig.3偏光フィルターを通して見た様子-1 Fig.4偏光フィルターを通して見た様子-2  
Fig.1
印刷物の上
に偏光メガ
ネを置いた
状態
Fig.2
印刷物を直
接見た様子
Fig.3
偏光フィル
ターを通し
て見た様子
−1
Fig.4
偏光フィル
ターを通し
て見た様子
−2
 

「画像からくり」第7回 将門眼鏡(まさかど めがね),タコタコ眼鏡(たこたこめがね)あるいはドラゴンフライ 桑山哲郎 氏

 万華鏡は,平面鏡の反射を用いて物体の像を多重像とする光学機器であるが,鏡をプリズムに替え,光の屈折を利用して多重像を作り出す光学おもちゃがある.

** この先の説明は写真をクリックしてお読みください **
日本写真学会誌 第74巻2号(2011年5月)に掲載

Fig.1各種のドラゴンフライ Fig.2撮影用の特殊効果フィルター「ミラージュ(商品名)」 Fig.3一眼レフカメラ形のおもちゃ(1999年)    
Fig.1
各種のドラ
ゴンフライ
Fig.2
撮影用の特
殊効果フィ
ルター「ミ
ラージュ(
商品名)」
Fig.3
一眼レフカ
メラ形のお
もちゃ(1
999年)
   

「画像からくり」 第6回 フィルムが組み込まれたおもちゃ:ムービービューアー 桑山哲郎 氏

 エンドレスフィルムは映写フィルムの両端をつなぎ合わせ,ループとしたもので,同じ動画を繰り返し上演するために用いられる.

** この先の説明は写真をクリックしてお読みください **
日本写真学会誌 第74巻1号(2011年2月)に掲載

Fig.1「バンダイカセットムービーミニクル」の外観とカセット Fig.2「ナガサキヤガメラムービー」の箱,キャンディー,ビューアーと内部から取り出したフィルム円板      
Fig.1
「バンダイ
カセットム
ービーミニ
クル」の外
観とカセッ

Fig.2
「ナガサキ
ヤガメラム
ービー」の
箱,キャン
ディー,ビ
ューアーと
内部から取
り出したフ
ィルム円板
     

「画像からくり」  第5回 ジオラマの組立キット付きの本 ― ダゲールの心情を想って   桑山哲郎 氏

 今回の画像からくりは「ミニチュア・ジオラマ劇場」の組立キットである.「パノラミック・スコープ・アート イタリアの一日」(こどもくらぶ:編,(株)今人舎 2009 年 7 月刊)という単行本には,前後・左右 18 cm,厚さ 5 cmのミニチュア・ジオラマ劇場が付録に付いている.
** この先の説明は写真をクリックしてお読みください **

日本写真学会誌 第73巻6号(平成22年12月)に掲載

Fig.1「イタリアの一日」の表紙外観 Fig.2組立後のミニチュア・ジオラマ劇場で見える光景      
Fig.1
「イタリア
の一日」の
表紙外観
Fig.2
組立後のミ
ニチュア・
ジオラマ劇
場で見える
光景
     

「画像からくり」 第4回  パノラマ立体ビューア “PAN-PET” (パンペット) 桑山哲郎 氏

 現像後の銀塩フィルムが組み込まれている商品は,おもちゃのビューアなど色々あるが,ほとんどの例では,フィルムはユーザーから見えない場所に組み込まれている.けれども例外的に,35ミリフィルムの姿がはっきり見え,しかも巧みな「からくり」になっている商品があるのでご紹介する.
** この先の説明は写真をクリックしてお読みください **

日本写真学会誌 第73巻5号(平成22年10月)に掲載

Fig.1パノラマ立体ビューア“PAN-PET”を分解した状態 Fig.2PAN-PETの外箱 Fig.3光学系の配置図  側面図  正面図    
Fig.1
パノラマ立
体ビューア
“PAN−
PET”を
分解した状

Fig.2
PAN−P
ETの外箱
Fig.3
光学系の配
置図  側
面図  正
面図
   

「画像からくり」 第3回  プラクシノスコープ 桑山哲郎 氏

 「プラクシノスコープ」は,映画前史の時代の映像装置である.映画では,フィルムに開けられたパーフォレーション穴を用い,間歇的にフィルムが送られる.これに対し,プラクシノスコープでは反射型ポリゴンミラーを用いることで,連続したコマ送りを行っても画面が流れるのを補正している.
** この先の説明は写真をクリックしてお読みください **

日本写真学会誌 第73巻4号(平成22年8月)に掲載

Fig.1学習雑誌の付録のプラクシノスコープ(小学館 2007年2月) Fig.2科学教材のプラクシノスコープ(2006年発売) Fig.3投影式プラクシノスコープ (1882年)    
Fig.1
学習雑誌の
付録のプラ
クシノスコ
ープ(小学
館 200
7年2月)
Fig.2
科学教材の
プラクシノ
スコープ(
2006年
発売)
Fig.3
投影式プラ
クシノスコ
ープ (1
882年)
   

「画像からくり」 第2回 3本,4本,9本の撮影レンズを持ったカメラ 桑山哲郎 氏

 「3本の撮影レンズを持ったカメラ」または「9本の撮影レンズを持ったカメラ」と聞いて,どんなカメラを想像されるだろうか.4本のレンズが長方形に配置されているカメラは現在多数発売されており,書店のビジュアルブックのコーナーや美術館のミュージアムショップで手に入る.けれども撮影レンズが3本,あるいは9本のカメラは比較的珍しい.
** この先の説明は写真をクリックしてお読みください **

日本写真学会誌 第73巻3号(平成22年6月)に掲載

Fig.13本の撮影レンズを持ったカメラ Fig.24本の撮影レンズを持ったカメラ Fig.3 9本の撮影レンズを持ったカメラ    
Fig.1
3本の撮影
レンズを持
ったカメラ
Fig.2
4本の撮影
レンズを持
ったカメラ
Fig.3
 9本の撮
影レンズを
持ったカメ

   

「画像からくり」 第1 回 ステレオスコープ(立体鏡)とステレオ写真集 桑山哲郎 氏

 桑山哲郎 氏による「画像からくり」シリーズをお送りします.最近3D画像がちょっとしたブームですが,3Dに限らず画像を使ったからくりが昔からいろいろあります.そのなかから幾つか選んで,画像のからくり仕掛けをこれから写真で紹介していきます.【学会誌編集委員長】

第1回 ステレオスコープ(立体鏡)とステレオ写真集

 これは,1990年ごろ復刻版として販売されたステレオ写真集である.木製専用収納ケース,木製ステレオスコープ(立体鏡)そしてステレオ写真がセットとなっている.
** この先の説明は写真をクリックしてお読みください **

日本写真学会誌 第73巻2号(平成22年4月)に掲載

ステレオスコープ(立体鏡)とステレオ写真集        
ステレオス
コープ(立
体鏡)とス
テレオ写真

       

『失われたフィルム』 甲田謙一 氏

写真が世に出て170 年の時が過ぎた。消耗品で生もののフィルムは、不用になれば捨てられる運命である。古い特殊なフィルムを保存するのは意外に難しい。この機会に『フィルム』を画像として残しておきたい。詳しい解説は日本写真学会誌 2009年第72巻2号〜6号を参照されたい。

126インスタマチックシステムの各カメラとフィルム 写真1 インスタマチック500の内部とフィルム 写真2 フィルムを装填した状態 写真3 コダパックカートリッジに直接取り付ける簡易カメラ ディスクフィルムとディスクカメラ
126イン
スタマチッ
クシステム
の各カメラ
とフィルム
写真1 イ
ンスタマチ
ック500
の内部とフ
ィルム
写真2 フ
ィルムを装
填した状態
写真3 コ
ダパックカ
ートリッジ
に直接取り
付ける簡易
カメラ
ディスクフ
ィルムとデ
ィスクカメ

写真1:ディスクフィルムの内部構造(左)とサイズ比較用の35mmフィルム(右) 127フィルム 写真1: 127フィルム(右)と現行の 120フィルム(左)のサイズ比較 コダックPR10インスタントフィルム PR10フィルム
写真1:デ
ィスクフィ
ルムの内部
構造(左)
とサイズ比
較用の35
mmフィル
ム(右)
127フィ
ルム
写真1: 
127フィ
ルム(右)
と現行の 
120フィ
ルム(左)
のサイズ比

コダックP
R10イン
スタントフ
ィルム
PR10フ
ィルム
110フィルムと各種カメラ 110フィルムパッケージとフィルムカートリッジ      
110フィ
ルムと各種
カメラ
110フィ
ルムパッケ
ージとフィ
ルムカート
リッジ
     

「デジタルカメラならではの撮影テクニック(1)」  写真家 馬場信幸氏

「デジタルカメラならではの撮影テクニック」掲載写真のカラー写真版をアップしました。
日本写真学会誌73巻2号に、写真家 馬場信幸氏による「デジタルカメラならではの撮影テクニック」を掲載しましたが、印刷の都合上すべて白黒印刷になっています。このたび著者のご厚意により、同じ写真のカラー写真版を、日本写真学会ホームページのギャラリー欄に掲載することになりました。本文記事と合わせてご覧いただけると幸いです。

----写真の説明文----

Fig.1 高輝度被写体に対するニコン アクティブDライティングの効果。
(a) 木の影が映った白い壁が再現できる露出では、建物の暗部など日陰は黒くつぶれてしまう。F8 1/500秒 ISO200
(b) 日陰が何とか再現できる露出では、日の当たっている白い壁がとんでしまう。F8 1/180秒 ISO200
(c) アクティブDライティングを強にして撮影した画面。白い壁が再現される露出で撮影したものだが、日陰も(b)と同様の明るさで再現される。被写体全体のコントラストを下げるのではなく、暗いところをそれぞれの暗さに応じて明るくすることで、見た目通りのプリントが得られる。F8 1/500秒 ISO200

fig,1(a) fig,1(b) fig,1(c)    
fig,1
(a)
fig,1
(b)
fig,1
(c)
   

「デジタルカメラならではの撮影テクニック(2)、(3)、(4)」  写真家 馬場信幸氏

Fig.2 風景写真におけるソニーDレンジオプティマイザーの効果。
(a) 通常の画像で、日の当たっている遠景に対して近景は日陰になっており、暗い。F11 1/100秒 ISO200
(b) Dレンジオプティマイザーのアドバンスレベル設定2にて撮影した画像で、通常画像で暗く写ってしまうところが実感通りの明るさになる。F11 1/100秒 ISO200

Fig.3 黄昏時の風景写真におけるソニーDレンジオプティマイザーの効果。
(a) 黄昏時の清水寺で、空を適正露出にすると、ほかはほぼ真っ黒につぶれてしまう。F8、1/5秒 ISO100
(b) 建物や森が実感通りの明るさになる露出では、空がとび気味なほど明るく写ってしまう。F5.6 1/3秒 ISO100
(c) Dレンジオプティマイザーのアドバンスレベル設定5にて撮影した画像で、露出は空が適正になる(a)と同じ。空はそのままで、建物と森が(b)と同様の明るさになる。F8 1/5秒 ISO100

Fig.4 夜景におけるソニーDレンジオプティマイザーの効果。
(a) 輝度の高いネオンが適正に写る露出で撮影すると、ほかは極めてアンダーあるいは黒くつぶれてしまう。F5.6 1/10秒 ISO100
(b) 街の様子がわかるような露出では、輝度の高いところは露出オーバーになり、色が薄くなったり、白くとんでしまう。F4 1/3秒 ISO100
(c) ネオンなどが適正になる(a)の露出でDレンジオプティマイザーのアドバンスレベル設定3にした画像は、両者が適正な明るさになる。F5.6 1/10秒 ISO100

fig,2(a) fig,2(b) fig,3(a) fig,3(b) fig,3(c)
fig,2
(a)
fig,2
(b)
fig,3
(a)
fig,3
(b)
fig,3
(c)

「デジタルカメラならではの撮影テクニック(4),(5),(6)」 写真家 馬場信幸氏

Fig.4 夜景におけるソニーDレンジオプティマイザーの効果。
(a) 輝度の高いネオンが適正に写る露出で撮影すると、ほかは極めてアンダーあるいは黒くつぶれてしまう。F5.6 1/10秒 ISO100
(b) 街の様子がわかるような露出では、輝度の高いところは露出オーバーになり、色が薄くなったり、白くとんでしまう。F4 1/3秒 ISO100
(c) ネオンなどが適正になる(a)の露出でDレンジオプティマイザーのアドバンスレベル設定3にした画像は、両者が適正な明るさになる。F5.6 1/10秒 ISO100

Fig.5 コントラスト調節の効果。
(a) やや遠い被写体故に写真に撮影すると肉眼で見ている以上にコントラストが低い。
(b) カメラのコントラスト調節機能をプラスにしたもので、近くで撮影したかのような自然な調子の写りになる。

Fig.6 色彩のある壁へのフラッシュによるバウンス撮影でも正しい色再現が得られる。
(a) 左の壁は淡い黄色なので、そのままのバウンス撮影では写真は黄色っぽい色再現になってしまう。
(b) 壁へのバウンス照明により壁の黄色が重なった色再現
(c) 白ないしは無彩色のグレーをフラッシュのバウンス光で撮影し、デジタルカメラに取り込むことで壁からのバウンス光に対して正しい色再現に調整される
(d) ホワイトバランスの白セットにより、肌や衣装の色も正確に再現され、また壁からのバウンス照射によって柔らかい陰影が得られる

fig,4(a) fig,4(b) fig,4(c) fig,5(a) fig,5(b)
fig,4
(a)
fig,4
(b)
fig,4
(c)
fig,5
(a)
fig,5
(b)
fig,6(a) fig,6(b) fig,6(c)    
fig,6
(a)
fig,6
(b)
fig,6
(c)
   

「デジタルカメラならではの撮影テクニック(7),(8),(9)」 写真家 馬場信幸氏

Fig.7 雲に朝日が隠れたときで、上空の青空で白セットをすることでその補色のオレンジ色が強調され、朝日らしい色調の写真になる。
 (a) 太陽光ポジションによる通常の色再現
 (b) 上空の青空で白セットを行ない、オレンジ色が強調された色再現

Fig.8 着色をしたフラッシュ光と白セットによる意外な色再現。
 (a) 太陽光ポジションによる通常の色再現
 (b) ストロボ発光部のディフユーザーに緑色のセロハンをセット
 (c) 白いものを緑色のストロボ光で撮影し、この画像で白セットを行なうとカメラは補色である赤紫色の色再現になる
 (d) ストロボ光が適正露出で届く被写体は正しい色再現になり、届かない遠景などは赤紫色になる

Fig.9 フラッシュ撮影では、露出や色再現性、定常光とのバランス、そしてワイヤレスフラッシュによるライティングなど、あらゆることが撮影後のアフタービューで即確認できる。デジタルカメラはフラッシュ撮影においては最強のカメラとなる。

fig,7(a) fig,7(b) fig,8(c) fig,8(b) fig,8(c)
fig,7
(a)
fig,7
(b)
fig,8
(c)
fig,8
(b)
fig,8
(c)
fig,8(d) fig,9      
fig,8
(d)
fig,9
     

「デジタルカメラならではの撮影テクニック(10),(11),(12)」 写真家 馬場信幸氏

Fig.10 ライブビュー方式のデジタルカメラでは、画像の任意の部分を拡大する電子マグニファイヤーによって確実なマニュアルフォーカシングが可能になる。
 (a) 拡大前の液晶モニターの画像
 (b) 電子マグニファイヤーで拡大した画像

Fig.11 ボディ内手ブレ補正によってかなり遅いシャッターでも画面はブレない
(a) APS-Cデジタル一眼レフのワイド18ミリで撮影した風景で、水の流れを現すために露光時間を1/2秒にした。カメラ保持に留意しても、手ブレ補正がなければ画面はブレてしまうが、ボディ内手ブレ補正をオンにすると、画面はピタリと止まる。35ミリ判換算では27ミリ相当なので、手持ち限界が1/27秒とすると、1/2秒は、それよりも約3.5段遅い露光時間になる。
(b) 手ブレ補正オフの拡大画像
(c) 手ブレ補正オンの拡大画像

Fig.12 APS-Cデジタル一眼レフに100ミリマクロレンズの組み合わせでモウセンゴケを手持ちで接写。レンズを繰り出していることで35ミリ判換算では実質約200ミリ相当になっているが、1/15秒という遅いシャッターでもブレていない。これは手持ち限界の1/200秒から約4段近く遅いシャッターになる。

fig,10(a) fig,10(b) fig,11(a) fig,11(b) fig,11(c)
fig,1
0(a)
fig,1
0(b)
fig,1
1(a)
fig,1
1(b)
fig,1
1(c)
fig,12        
fig,1

       

天体写真(日食、他)

金山俊之氏の天体写真をご紹介します。金山氏はアマチュア写真家で専門は天体写真と風景写真。長年にわたり世界各地での日食を撮影されています。また海外旅先での風景、遺跡等を撮り続けています。

オーロラ 2010年7月11日にイースター島で見られた皆既日食 2010年7月11日にイースター島で見られた皆既日食のコロナ イースター島で撮影した天の川  
オーロラ 2010年
7月11日
にイースタ
ー島で見ら
れた皆既日

2010年
7月11日
にイースタ
ー島で見ら
れた皆既日
食のコロナ
イースター
島で撮影し
た天の川
 

科学写真(天体)

科学写真は科学的な現象を記録した写真です。ここでは天体写真の世界をご覧ください。近年のデジタルカメラの進歩、特に低ノイズ化、高感度化は、天体撮影の世界を広げてくれました。(山野 泰照)

月面(アペニン山脈付近) 月面(月面南部) 木星 かに星雲 亜鈴星雲
月面(アペ
ニン山脈付
近)
月面(月面
南部)
木星 かに星雲 亜鈴星雲
馬頭星雲 アンドロメダ大星雲 プレアデス 土星  
馬頭星雲 アンドロメ
ダ大星雲
プレアデス
土星  

赤外線による風景写真

赤外線によって植物が明るく写る特徴を利用した作例です。(山野 泰照)

赤外線による風景写真 1 赤外線による風景写真 2 赤外線による風景写真 3 赤外線による風景写真 4  
赤外線によ
る風景写真
 1
赤外線によ
る風景写真
 2
赤外線によ
る風景写真
 3
赤外線によ
る風景写真
 4
 

科学写真(SEM画像)

SEM(電子顕微鏡)でダニやノミ、レンズに付着したカビなどを撮影しました。安藤義路

ダニ1 ダニ2 ネコノミ レンズ表面のカビ レンズ表面のカビ2
ダニ1 ダニ2 ネコノミ レンズ表面
のカビ
レンズ表面
のカビ2
レンズ表面のカビ3 レンズ表面のカビ4 レンズ表面のカビ5 レンズ表面のカビ6 レンズ表面のカビ胞子1
レンズ表面
のカビ3
レンズ表面
のカビ4
レンズ表面
のカビ5
レンズ表面
のカビ6
レンズ表面
のカビ胞子

レンズ表面のカビ胞子2 レンズ表面のカビ胞子3 レンズの汚れとダニ レンズの汚れとダニ2 レンズの汚れとダニ3
レンズ表面
のカビ胞子

レンズ表面
のカビ胞子

レンズの汚
れとダニ
レンズの汚
れとダニ2
レンズの汚
れとダニ3
レンズ表面の菌糸        
レンズ表面
の菌糸
       

写真表現

レンズの被写界深度やボケ味を表現してみました。
レンズ:Nikkor 85/1.4  佐藤治夫

F/1.4 1/4000秒 F/2.2 1/5000秒 F/2.2 1/3200秒 F/2.2 1/3200秒 F/2.2 1/3200秒
F/1.4
 1/40
00秒
F/2.2
 1/50
00秒
F/2.2
 1/32
00秒
F/2.2
 1/32
00秒
F/2.2
 1/32
00秒

赤外線写真、紫外線写真

UV-NIKKOR 105/4.5を使用して不可視光で撮影比較を行いました。 オリジナルは銀塩写真です。 安藤義路

バナナ 可視 カラー 254nm  蛍光 365nm 蛍光 可視 黒白 紫外線写真
バナナ 可
視 カラー
254nm
&nbsp
;&nbs
p;蛍光
365nm
 蛍光
可視 黒白
紫外線写真
赤外線写真 可視 254nm  蛍光 365nm 蛍光 可視 黒白
赤外線写真
可視 254nm
  蛍光
365nm
 蛍光
可視 黒白
紫外線写真 赤外線写真 化石 可視 化石 254nm  蛍光 化石 365nm 蛍光
紫外線写真
赤外線写真
化石 可視
化石 25
4nm  
蛍光
化石 36
5nm 蛍

化石 可視 黒白 化石 紫外線写真 化石 赤外線写真 貝 可視 カラー 貝 254nm  蛍光
化石 可視
 黒白
化石 紫外
線写真
化石 赤外
線写真
貝 可視 
カラー
貝 254
nm  蛍

貝 可視 黒白 貝 赤外線写真 ウシの歯 可視光 ウシの歯 紫外線写真 玉ねぎ 可視光
貝 可視 
黒白
貝 赤外線
写真
ウシの歯 
可視光
ウシの歯 
紫外線写真
玉ねぎ 可
視光
玉ねぎ 紫外線写真 貝化石 可視光 貝化石 紫外線写真 恐竜の糞化石 可視光 恐竜の糞化石 紫外線写真
玉ねぎ 紫
外線写真
貝化石 可
視光
貝化石 紫
外線写真
恐竜の糞化
石 可視光
恐竜の糞化
石 紫外線
写真
植物標本 可視光 植物標本 紫外線写真 卵巣 可視光 卵巣 紫外線写真 カビ 可視光
植物標本 
可視光
植物標本 
紫外線写真
卵巣 可視

卵巣 紫外
線写真
カビ 可視

カビ 紫外線写真        
カビ 紫外
線写真
       

骨、化石などの写真

安藤義路

アンモナイト 貝 イノシシ頭骨 バイソン骨化石 恐竜の卵の化石
アンモナイ

イノシシ頭

バイソン骨
化石
恐竜の卵の
化石
微化石 微化石      
微化石 微化石      

自家蛍光写真、偏光写真

安藤義路

トチノキ トチノキ自家蛍光 ニワトリの羽 ニワトリの羽自家蛍光 ピーマン
トチノキ トチノキ自
家蛍光
ニワトリの

ニワトリの
羽自家蛍光
ピーマン
ピーマン自家蛍光 葉 葉の自家蛍光 ハイポ偏光  ハイポ偏光 2
ピーマン自
家蛍光
葉の自家蛍

ハイポ偏光
 
ハイポ偏光
 2
ハイポ偏光 3        
ハイポ偏光
 3
       

小さな世界

安藤義路

ウシの血液 ウシの脳 カエルの血液 豚の胎児 ラットの胎児
ウシの血液
ウシの脳 カエルの血

豚の胎児 ラットの胎

杉の花粉 ダニ 1 ダニ 2 ダニ 3 ダニ マクロ撮影法
杉の花粉 ダニ 1 ダニ 2 ダニ 3 ダニ マク
ロ撮影法
ダニの産卵 ヌカカ ライトスキャンニング撮影法 昆虫の標本 腎臓
ダニの産卵
ヌカカ ライトスキ
ャンニング
撮影法
昆虫の標本
腎臓
炭そ菌        
炭そ菌        

風景写真

稲妻と虹の写真をご覧ください

城 大地 放牧 水面 落雷
大地 放牧 水面 落雷
黒い雲 山間 電柱 無題 無題
黒い雲 山間 電柱 無題 無題
無題 無題 無題 無題 無題
無題 無題 無題 無題 無題