香川銀行でお金を借りる!カードローン「PAPAっとCARD」

香川銀行は、瀬戸内エリアを中心に営業する第二地方銀行で、本店所在地は香川県高松市にあります。

この記事では、香川銀行カードローン「PAPAっとCARD」の金利や借入限度額、利用資格、審査申込方法、お金を借りる方法、返済方法、メリット・デメリットなどを解説していきます。

香川銀行カードローン「PAPAっとCARD」は即日融資が可能なのか、在籍確認は省略できるかといったよくある疑問の回答も紹介しますので、失敗しないローン選びの参考に活用下さい。


香川銀行カードローン「PAPAっとCARD」の基本情報

香川銀行カードローン「PAPAっとCARD」は、個別に設定される限度額の範囲であれば、何度でもキャッシングを行えるタイプのローンです。

「PAPAっとCARD」の限度額は、500万円で、年金受給者やパート、アルバイト、専業主婦でも、契約できるチャンスがあります。

商品名 カードローン「PAPAっとCARD」
貸付利率 固定金利 年5.5%~14.6%
限度額 10万円以上500万円以内。
※WEB完結契約は10万円以上300万円。
※年金受給者、パート・アルバイト、主婦(夫)は、100万円以内、アルバイトの学生は、10万円以内。
主な利用条件 以下、4個の条件を全て満たすこと。

【1】申込時に満20歳以上満68歳以下(200万円超の申込は満60歳以下、WEB完結申込は満65歳以下)で安定収入があること。

【2】香川銀行本支店の営業エリア(※)内に勤務または居住中。
※WEB完結以外で申込を行う場合、東京支店およびセルフうどん支店は不可。WEB完結型の場合は、セルフうどん支店のみ不可。
【3】香川銀行の他のカードローン利用がない。
【4】保証会社の保証が受けられること。

担保・保証人 不要
保証会社 四国総合信用株式会社、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社、株式会社オリエントコーポレーションのいずれか。WEB完結はSMBCコンシューマーファイナンス限定。
借入方法 自動融資サービスもしくはATMからキャッシング
返済方法 約定返済日に指定口座から自動引落し。
詳細URL https://www.kagawabank.co.jp/kojin/kariru/loan/syohin/papacard/papacard.html

 

香川銀行カードローン「PAPAっとCARD」は即日融資を受けられる?

香川銀行カードローン「PAPAっとCARD」では、2即日融資を受けることができませんので、「今すぐにお金が必要」という人は、お金借りる窓口TOPをチェックして大手消費者金融に相談しましょう。

香川銀行の個人営業センター大阪に電話を掛けて、カードローン「PAPAっとCARD」の審査にかかる日数を聞いたところ、次のような回答でした。

審査結果が出るまでに1週間程度必要です。カードローンだからといって特別審査が早いわけではなく、他のローン同様にしっかりと対応します。そのため、どうしても即日回答ということは難しく…

やはり、香川銀行のカードローンでも、即日融資は難しいという回答でした。

香川銀行のスタッフに聞いた話しから判断するに、カードローン「PAPAっとCARD」の場合、審査結果が出てからローンカードの受取・キャッシングを行うことまで考慮すると、2週間は覚悟したいところ。

お金が必要な日付から逆算し、余裕を持った日程にて、カードローンの手続きを進めましょう。

香川銀行カードローン「PAPAっとCARD」の申込から融資までの流れ

カードローン「PAPAっとCARD」への申込で選択できる手続き手段は、香川銀行の口座の有無や希望限度額に左右されます。

香川銀行の普通預金口座があり、希望限度額300万円以内の人

香川銀行の普通預金口座があって、限度額300万円以内で間に合う人は、WEB完結契約を選択できます。カードローン「PAPAっとCARD」のWEB完結契約の手続き手順は、以下のような内容です。

【WEB完結契約の手続き手順】
1.香川銀行公式サイト内の赤いボタン「口座をお持ちの方」をクリックする。
2.メールアドレスを記入し、香川銀行へ送信する。
3.記入したアドレスに通知されるURLにアクセスし、申込ページから、要事項を送信する。
4.カードローン「PAPAっとCARD」の審査結果の通知を受ける。
5.通知されるURLから必要書類の提出、ローンカードの暗証番号を設定する。
6.インターネット経由の契約手続きを行う。
7.契約手続きから1週間程度でローンカード到着(簡易書留)、カードを受取次第、キャッシング可能。

香川銀行の普通預金口座がないもしくは希望限度額300万円超の人

香川銀行の普通預金口座がない人は、郵送もしくは店頭窓口に足を運び、口座開設とカードローン「PAPAっとCARD」の契約手続きを行わなくてはなりません。

【香川銀行の口座がない人の手続き手順】
1.インターネット経由もしくは窓口で、PAPAっとCARDに申込。窓口で申込む人は、普通預金口座開設を済ませておくとスムーズです。
2.(インターネット経由で申込む人)必要書類を提出する。
3.(インターネット経由で申込む人)審査結果を待つ間に普通預金口座を開設する。
4.PAPAっとCARDの審査結果の通知を受ける。
5.郵送される正式申込書に必要事項を記入、香川銀行へ返信する。
6.PAPAっとCARDの契約手続きから1週間程度でローンカード到着(簡易書留)。カードを受取次第、キャッシング可能。

香川銀行カードローン「PAPAっとCARD」の必要書類は?

香川銀行の預金口座のある・なしに関わらず、カードローン「PAPAっとCARD」の契約を行うためには、次の書類が必要です。

本人確認書類 全ての人が必要。以下の中からいずれか1点を香川銀行へ提出します。
運転免許証、パスポート(現住所の記載があるもの)、各種保険証、住民基本台帳カード(写真付)
所得確認資料 申込金額50万円超の場合のみ必要。以下の中から、いずれか1点を香川銀行へ提出しましょう。
所得証明書、源泉徴収票、市民税県民税特別徴収税通知書、
確定申告書(税務署の受付印のあるもの)

 

香川銀行カードローン「PAPAっとCARD」は在籍確認を省略できる?

在籍確認とは、審査の途中で勤務先へ電話を掛け、在籍を確認する作業を指します。

香川銀行個人営業センター大阪へ電話を掛け、在籍確認はあるか?省略することはできないかを聞いたところ、次のような回答でした。

PAPAっとCARDは3社の保証会社があって、各社の判断により、在籍確認を行います。審査の進め方や方法は、どの会社が保証を担当するかによっても変わりますから、「省略できます」「在籍確認は行いません」といったご案内を事前に行うことは難しいです。

一部の消費者金融や地方銀行が行うように、健康保険証や給料明細の提出など、電話以外の方法による在籍確認をお願いすることは難しいようです。

「どうしても勤務先への電話は困る」といった事情がある方は、職場に電話連絡なしのカードローンでお金借りる方法を確認し、「在籍確認省略可能」をうたう会社に相談しましょう。

香川銀行カードローン「PAPAっとCARD」の借入方法

香川銀行カードローン「PAPAっとCARD」の借入方法は、自動融資サービス・ATMからのキャッシングの2種類です。

自動融資サービスでお金を借りる

自動融資サービスとは、香川銀行の普通預金口座残高が不足する時、自動的にお金を借りるサービスで、たとえば「口座残高3万円の時に、5万円の請求が来た」といった状況で2万円を自動的に借入、支払い遅延を防いでくれるものです。

自動融資サービスを利用するためには、カードローン「PAPAっとCARD」の契約を行う際に申込が必要です。

サービス利用を希望しない人に対して自動融資を行うことはありませんので、安心下さい。

ATMからキャッシングしてお金を借りる

香川銀行や提携金融機関のATMにローンカードを挿入し、お金を引き出す方法です。

カードローン「PAPAっとCARD」が利用できるATMの主な種類と取引可能時間帯、手数料は、以下の表を参照下さい。

◎香川銀行

平日 8:00~8:45 110円
8:45~18:00 無料
18:00~21:00 110円
土・日・祝日 8:00~21:00 110円

 
 

◎徳島大正銀行・イオン銀行・4YOU NET(愛媛銀行・高知銀行)

平日 8:00~8:45 110円
8:45~18:00 無料
18:00~21:00 110円
土・日・祝日 8:00~21:00 110円

 
 

◎セブン銀行

平日 7:00~8:45 110円
8:45~18:00 無料
18:00~22:00 110円
7:00~21:00 110円
日・祝日 7:00~21:00 110円

 
 

◎イーネット・ローソン銀行

平日 7:00~8:45 220円
8:45~18:00 110円
18:00~22:00 220円
土・日・祝日 7:00~21:00 220円

 
 

◎ゆうちょ銀行

平日 8:00~8:45 220円
8:45~18:00 220円
18:00~21:00 220円
8:00~9:00 220円
9:00~14:00 220円
14:00~21:00 220円
日・祝日 8:00~21:00 220円

 
 

香川銀行カードローン「PAPAっとCARD」なら、セブン銀行やイオン銀行のATMも平日無料で利用できます。

キャッシングを行う度に手数料がかかってはもったいないため、ATM無料の時間帯・金融機関を有効に活用し、取引コストを軽減しましょう。

香川銀行カードローン「PAPAっとCARD」の返済方法

カードローンを安全に活用するためには、返済日や返済額に関する知識が不可欠です。

カードローン「PAPAっとCARD」の返済方法を正しく理解し、失敗しない借入を行いましょう。

ATMから借りたお金の返済方法

PAPAっとCARDを使用し、ATMから借りたお金の返済は、自動引落しで行います。

WEB完結で申込した人の約定返済日は、毎月14日、その他の人は、毎月4日・14日・24日のうち、好きな日付を選択できます。

約定返済日に処理される返済額の決定ルールは、以下の表の通りです。

借入残高 返済額
20万円以下 5,000円
20万円超50万円以下 1万円
50万円超100万円以下 2万円
100万円超200万円以下 3万円
200万円超300万円以下 4万円
300万円超400万円以下 5万円
400万円超500万円以下 6万円

 

自動融資サービスで借りたお金の返済方法

香川銀行カードローン「PAPAっとCARD」自動融資サービスで借りたお金は、随時入金で返済します。

随時入金とは、返済用口座の残高がマイナスの状態(借入のある状態)で入金を行うと、自動的に返済される仕組みのことで、たとえば、口座残高マイナス2万円の時に5万円を入金したとします。

2万円の返済をまず行い、残りを入金として処理するため、口座残高3万円に変更されるということです。

この仕組みをきちんと理解しておかないと、知らず知らずのうちに「借入・返済」を繰り返す事態となりかねません。

香川銀行カードローン「PAPAっとCARD」の自動融資サービスへ申込を行う人は、こまめな通帳記帳を行い、お金の動きを把握しましょう。

香川銀行カードローン「PAPAっとCARD」のメリット・デメリット

最後に、ここまでの情報の総まとめとして、香川銀行カードローン「PAPAっとCARD」のメリット・デメリットをおさらいします。

香川銀行カードローン「PAPAっとCARD」は、どのような人におすすめの商品であるか、どのような人にはおすすめできない商品であるかの解説も行いますので、PAPAっとCARDと自分自身の相性診断のヒントとして、有効に活用下さい。

カードローン「PAPAっとCARD」のメリット

香川銀行カードローン「PAPAっとCARD」の最大の特徴は、専業主婦(夫)やパート、アルバイト、年金受給者など、幅広い層の人が利用できるということです。

その他、以下のようなメリットに魅力を感じる人とは、香川銀行カードローン「PAPAっとCARD」は相性の良い商品と判断できます。

・香川銀行に口座があれば、WEB完結で契約できる。
・手数料無料で利用できるATMの種類が多い。
・キャッシングのみではなく、自動融資サービスを活用可能。
・自動融資サービスは、ローンカード到着前でも利用OK。

地方銀行のカードローンはローンカード到着後に初めて借入できるシステムが多いのですが、PAPAっとCARDの自動融資サービスは、契約手続き次第完了次第の利用が可能。

「ローンカードの郵送を待つ時間すら惜しい」「即日融資はできないにしろ、できるだけ早く融資を受けたい」という人にとっては、非常に嬉しい特徴です。

カードローン「PAPAっとCARD」のデメリット

香川銀行カードローン「PAPAっとCARD」を活用するためには、香川銀行の普通預金口座開設が条件です。

また、メガバンクやインターネット銀行、地方銀行のカードローンの中には、より有利な貸付条件を提示する商品が少なからず存在します。

もともと香川銀行を懇意にする人ならまだしも、他の銀行をメインバンクに使う人が口座開設を行ってまで契約する価値があるかは、疑問の残るところです。

その他、香川銀行カードローン「PAPAっとCARD」は、次のようなデメリット・注意点も持ち合わせます。

・学生は、10万円の限度額までしか契約できない。
・香川銀行の営業エリア外に居住、勤務する人は申込できない。
・融資限度額の上限が年収の2分の1に制限される。
・初回から400万円や500万円の限度額は期待しにくい。

400万円や500万円の限度額で契約を行うためには、最低でも年収800万円や1,000万円が必要で、香川銀行以外の銀行のカードローンやフリーローン、マイカーローンなどの利用がある人は、より高い年収が必要です。

自分自身の収入レベル以上の限度額にて申込を行うことは、審査落ちや返事を受け取るまでの期間が長引く原因の1つ。

スムーズにお金を借りるためには、身の丈に応じた内容で申込を行いましょう。

香川銀行「PAPAっとCARD」以外の無担保ローン一覧

香川銀行で扱う無担保ローンは、PAPAっとCARDのみではありません。

以下では、香川銀行のインターネット支店で扱うカードローンやフリーローン、マイカーローン、教育ローンなどの基本情報を紹介します。

香川銀行インターネット支店「スードンWebローン+」

スードンWebローン+は、セルフうどん支店(香川銀行のインターネット支店)から申込する商品です、年12%もしくは年14.6%と貸付利率の設定が低いわけではないのですが、初回限定の無利息期間を利用可能。

香川銀行インターネット支店「スードンWebローン+」は、初回契約日の翌日から30日間が無利息ですから、期間内の借入・返済を行えば、コストは全く発生しません。

商品名 スードンWebローン+
貸付利率 固定金利 年12.0%~14.6%
限度額 10万円以上300万円以内。
・学生の方は限度額10万円まで
・年金受給者は限度額20万円まで
・パート・アルバイト・主婦は限度額50万円まで
主な利用条件 ・国内在住の申込時年齢が満20歳以上満68歳以下の方
・香川銀行で他のローン商品の契約がない方
・セルフうどん支店セルフ総合口座があること
・保証会社の保証が受けられること
・学生、主婦、年金受給者、パート・アルバイトも可能。個人事業主、会社役員は利用不可。
担保・保証人 不要
保証会社 新生フィナンシャル株式会社
借入方法 セルフうどん支店口座への振込もしくはATMからキャッシング。
返済方法 毎月6日にセルフうどん支店口座から自動引落し。
詳細URL https://www.kagawabank.co.jp/udon/syohin/loan/webloan/webloanplus.html

 

香川銀行フリーローン

香川銀行フリーローンの大きな強みは、事業性資金の借入や他社ローンのおまとめ利用が認められるということです。

また、香川銀行フリーローンは専業主婦やパート、アルバイトでも、契約可能となっており、継続安定収入のある人を幅広く受け入れする商品です。

主な利用条件 【通常コース】
・申込時満20歳以上満69歳以下(100万円超は65歳以下)、完済時満75歳以下(100万円超は70歳以下)の方
・原則、継続安定収入が得られる方 ※パート、アルバイト、年金受給者もOK。専業主婦は世帯収入があればOK。
・保証会社の保証が得られる方

【金利優遇コース】
・申込時満20歳以上満65歳以下、完済時満72歳以下の方
・1年以上、住宅ローン利用中で延滞のない方(香川銀行以外の金融機関もOK)もしくは1年以内に完済した方
・香川銀行で給与振込を受ける方
・保証会社の保証が得られる方

資金使途 自由。個人事業主は事業資金OK。他の銀行のおまとめ利用も可能。
融資額 10万円以上1,000万円以内。ただし、前年度年収が上限。WEB完結型は最高300万円。
貸付利率 通常コース 固定金利 年5.5%~14.6%
金利優遇コース 固定金利 年4.7%
貸付期間 6ヶ月以上10年以内
担保・保証人 不要
保証会社 株式会社オリエントコーポレーション
公式サイト https://www.kagawabank.co.jp/kojin/kariru/loan/syohin/freeloan/freeloan.html

 

香川銀行マイカーローン

香川銀行マイカーローンは、自動車やバイク、船舶など、乗り物に関するお金を借入できる商品です。

カーポート設置費用や運転免許取得費用など、乗り物そのもの以外のお金も借入できるところは、香川銀行マイカーローンの嬉しいポイント。

香川銀行マイカーローンは、共働き世帯であれば、年収合算で審査を受けて、高額融資をねらうことも可能です。

主な利用条件 ・申込時に満20歳以上、完済時満75歳以下の方
・安定継続した年収のある方。連帯保証人を立て、年収合算で審査を受けることもできます。
・勤務年数1年以上または営業年数3年以上の方
・香川銀行の営業区域内に居住または勤務する方
・保証会社の保証が受けられる方
資金使途 マイカーやバイク、船舶、自転車の購入費用や各種免許取得費用、カーポート購入・設置資金、他社ローンの借換費用など。
融資額 10万円以上1,000万円以内。ただし、前年度年収の100%が上限。
貸付利率 WEB完結型は年1.95%。その他の申込方法は、年2.25%(2020年6月30日までのキャンペーン金利。最新の貸付利率は、窓口などで確認下さい)
貸付期間 6ヶ月以上10年以内
担保・保証人 原則不要。年収合算を行う場合は連帯保証人が必要。
保証会社 四国総合信用株式会社
公式サイト https://www.kagawabank.co.jp/kojin/kariru/camp_mycar.html

 

香川銀行教育ローン

香川銀行の教育ローンは、一般的な教育ローン・極度型・カード型の3種類から選択できます。

香川銀行の一般的な教育ローンは「入学金、授業料の支払いに100万円必要」など、金額を指定し、1回限りの借入を行う商品で、最高200万円(医学部、薬学部などは最高1,000万円)の一括借入が可能です。

商品名 香川教育ローン
主な利用条件 ・高等学校以上の学校に在学中又は入学が決定した子どもの親権者もしくは後見人
・借入時満20歳以上満65歳以下、完済時満70歳以下の方
・継続安定した年収150万円以上の方
・勤務年数及び居住年数1年以上の方
・保証会社の保証が受けられる方
対象学校 高等学校以上の学校(高校、短大、専門学校、大学など)
資金使途 学費(学校納付金・居住関係費用・受験費用・在学費用など)および他社教育ローンの借換費用
融資額 10万円以上200万円以内。
※医学部・歯学部・薬学部などは1,000万円以内。
貸付期間 5年6ヶ月以内 ~16年以内。教育機関や学部によって異なります。
貸付利率 変動金利 年4.975%または5.975%。申込方法や取引状況に応じて、最大年1.0%の優遇可能。最新の情報は、窓口などで確認下さい。
担保・保証人 原則不要
保証会社 トモニリース株式会社
公式サイト https://www.kagawabank.co.jp/kojin/kariru/loan/syohin/kyouikuloan.html

 
極度型やカード型は、信用力に応じた枠の範囲で、何度でも利用できるスタイルの商品です。

香川教育ローン「極度型」は、「いくら必要になるかは分からないが、借入枠を確保したい」という希望に対応できます。

商品名 香川教育ローン「極度型」
主な利用条件 ・高等学校以上の学校に在学中又は入学が決定した子どもの親権者もしくは後見人
・借入時満20歳以上満65歳以下、完済時満70歳以下の方
・継続安定した年収150万円以上の方
・勤務年数及び居住年数1年以上の方
・保証会社の保証が受けられる方
対象学校 高等学校以上の学校(高校、短大、専門学校、大学など)
資金使途 学費(学校納付金・居住関係費用・受験費用・在学費用など)および他社教育ローンの借換費用
融資額 10万円以上500万円以内
※300万円超は、4年制以上の大学や専修・各種学校4年課程以上に関する学費限定。
※医学部・歯学部・薬学部などは1,000万円以内。

貸付期間 当座貸越期間+証書貸付による返済期間の合計で最長16年6ヶ月。教育機関や学部によって異なるため、個別の相談をおすすめします。
貸付利率 固定金利 年2.1%~年2.3%。取引状況に応じて、左記からさらに年0.2%の優遇可能。最新の情報は、窓口などで確認下さい。
担保・保証人 原則不要
保証会社 トモニリース株式会社
公式サイト https://www.kagawabank.co.jp/kojin/kariru/camp_kyouiku.html

 

商品名 香川教育ローン【カード型】
主な利用条件 ・中学校以上に在学中又は入学が決定した家族のある方
・満20歳以上満72歳以下の方。
・継続安定した年収のある方。専業主婦(夫)は不可。
・保証会社の保証が受けられる方
対象学校 中学校以上の学校。予備校は対象外。
資金使途 学費(学校納付金・居住関係費用など)および他社教育ローンの借換費用
限度額 50万円以上500万円以内
貸付期間 最長9年以内。医学部、歯学部、薬学部は16年以内。
貸付利率 変動金利 年3.9%~4.5%。取引状況に応じて、最大年0.6%の優遇可能。最新の情報は、窓口などで確認下さい。
担保・連帯保証人 不要
保証会社 四国総合信用株式会社
公式サイト https://www.kagawabank.co.jp/kojin/kariru/loan/syohin/kyoikucardloan.html

 


このページの先頭へ